春は曙。春は豆♪

先日イタリアから届いた豆♪

というのは冗談で、房総半島からです。

イタリアに行くと、野菜の美味しさに圧倒されます。

画像


もちろん日本にも美味しい野菜はありますが、普通の店に普通に売っている野菜が唸るほど美味しいことはまずありません。

ブランドだったり、有名な生産者が作っている野菜だったり、経費を掛けている野菜だったり、家族が作っている野菜などなら話は別。


イタリアでアパートメントを借りて、市場や近所の八百屋で野菜や果物を買うと、その美味しさに驚いてばかり。

最初は、自分自身のイタリア贔屓のせいや、食べた時の雰囲気の為かと思っていましたが、そうではないようです。

トマトの味の濃さは有名ですが、じゃがいもの甘さ、苦味野菜の苦味と甘味と瑞々しさ。

画像


中でも一番驚いたのが、Piselliピゼッリです。
グリーンピースと訳すのが普通ですが、見た目はお馴染みでもお味は別物。

甘くて、瑞々しくて。
日本のあの、口に残る硬い皮とボソボソした中身とは、本当に別物。

画像


このように、ニンニクとハーブを香り付けにして、シンプルに煮たものを肉料理などの付け合わせにしたり、ブロード(肉や、野菜のだし汁)でヒタヒタに煮た物など、甘くて、一体何がメインか分からないほど美味。

噛むとじゅわりと豆の甘みと旨みが。皮は柔らかく口に残ることはありません。

これを潰してパスタのソースにすることもあります。これも美味!


シンプルなヒタヒタ煮を楽しんだ後は、ちょうど頂いた筍と合わせて、パスタに。

画像


筍を沢山頂いたので、若竹煮も筍ご飯も充分に堪能したので、イタリアンに。

挽肉と筍のソースがほぼ完成した後、最後にピゼッリを。
もちろん生のまま。

柔らかいので、味の調整をしている間に火が入ります。
イタリアでは生で食べるほどですから。


このピゼッリ、そしてイタリア空豆Faveファーヴェを作っているのが、房総半島でイタリア野菜を作っている田倉農園。

デパートのイタリア展や、限られた場所でしか手に入らないイタリア野菜、しかも美味しいイタリア野菜を頂くことが出来ます。
嬉しい限りです。




ようやく安定した暖かさになりましたね。

テラスのバラたちには、蕾が一杯です。
柔らかな緑のこれは、ブール ド ネージュ。
名前の通り、スノーボールのような純白の花がコロンと咲きます。

画像



アイスバーグはすくすくと。
これも白の美しい花を。

画像


朝晩はまだ冷えますが、こうしてパラソルを出してほぼ1日テラスで過ごした、今年初のテラス日和でした。

画像


春本番。

と言うにはもう遅いですね。
再来週はもうGW
初夏が覗いています。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック