ザ・リッツ・カールトン日光③食と接客

食と、接客の事。元々、公式サイトの朝食の写真を見てこのホテルステイを決めた程ですから、朝食には期待大! 朝のウォーキングは雨の為、ジムで。マシンはやはり気分が乗らないけれど、朝食を心置きなく食べる為にも。 シャワーを浴び、着替えて朝食会場へ。昨夜の和食レストランと同じ場所。 卵料理を聞かれ、オーダーしたのは固めのオムレツ。 先にパンが運ばれて来ます。温められたパンが良い香り。お代わり…

続きを読む

ザ・リッツ・カールトン日光②建物や庭

お部屋の事を存分にレヴューしましたので、次は部屋の外の事。 和のテイストで統一されている館内。 単なる廊下だけれど、キリッとしたラインに惚れる。(笑) ラウンジ。 ライブラリー。 美術や書の本が並んでいます。 高すぎて自分では取れませんね。スタッフにいちいち頼むのかな。 バー。 違った、「ザ」が付くバー。 夕方…

続きを読む

ザ・リッツ・カールトン日光①部屋

2020年の秋の宿泊。 大好きなワインを飲みながら、のんびりとお風呂。の図。(笑) リッツカールトンが日光に出来ると聞いた時から興味津々でした。日光は昔から良く行く場所でしたし。 リッツカールトンの場所は以前、日光レイクサイドホテル。そこにも泊まっていました。もうだいぶ建物も古く、印象に残っていたのは庭の貸切露天風呂くらい。 ザ・リッツカールトン日光の…

続きを読む

ティーポット

以前から気になっていた、この黒の常滑焼のティーポット。 先月getして以来、毎日のように使っています。 一昨年暮れのパリ旅行以来、すっかり紅茶派になってしまった私。 もちろんコーヒーは相変わらず大好きですが、朝食にたっぷりミルクティーを飲むことが習慣になりました。 それまでは朝は、たっぷりとコーヒーを飲んでいました。 イタリア好きゆえ、エスプレッソを…

続きを読む

日光2020秋

記事が前後しますが、、、 この秋、久し振りに日光に行きました。 以前は毎年2回は行っていた日光ですが、友人と日光金谷ホテルに泊まった夏以来3年ぶり。しかも、紅葉シーズンはいつ以来だろう。 日光と一言で言っても、標高差の為、場所によって紅葉の進み具合が違います。中禅寺湖やいろは坂にはまだ早い時期でした。 綺麗だったのは、小田代ヶ原。 昔からここが好きです。…

続きを読む

クリスマスツリー&スワッグ2020

ここ数年、クリスマス本番には旅行中で家に居ないのですが、流石に今年は東京の自宅で。 ということで、ツリーとスワッグも、飾り甲斐があります♪ 今年から仲間入りしたサンタさん。 地元のセレクトショップで昨年末に購入。 軽やかな色と雰囲気が我が家のツリーにぴったり。 全体像はこんな感じ。 シンプルに。 毎年少しずつオーナメントを増やしていま…

続きを読む

布巾のお話。

布好きであることを何度もこのblogで書いていますが、今回は布巾の事を。 洗いあげた食器やグラス、シルバーを拭く布巾のことです。食洗器が無い我が家では、頼りになる布巾が必須。 そして、麻が好きですし、特にキッチンのように水気たっぷりの場所は麻が一番。 麻と言っても色々な種類がありますが、日本の繊維業界ではリネンとラミーだけを麻と呼ぶらしい。 キッチ…

続きを読む

ヒグラシが鳴く夏

「夏休み」 この言葉に、一番心躍ったのは、小学生の時。 7月の20日過ぎに終業式があって、それから9月の第一月曜日までは「夏休み」 この「夏休み」ってフレーズにワクワク♪ 長いし、楽しい事が一杯。 沢山の宿題や、早く起きてのラジオ体操や、暑い最中のソフトボール部の練習は、うーん、ちょっと。。。な感じだったけれど、そんな些末?な事はどうでも良く、とにかく夏~♪ …

続きを読む

モーリシャス島

20代後半で行ったモーリシャスの美しい海。 今、重油汚染が深刻です。 昔の写真を引っ張り出して、スキャンしてみました。 スキャンでもこの美しさ。 この美しい海が汚れてしまった。取り戻すには一体どのくらいの時間が掛かるのだろう。 10代、20代と最も影響を受けたのは、多分、森瑤子の小説。 大人の時間の持ち方、食事や夜や、特にバカンスの過ごし方。 新…

続きを読む

夏の必需品②

特にこの夏に必要な物。 それは、夏の花。 夏のリゾートを思わせる香りの花。 南国の香り、ジャスミン。 大好きで、鉢植えも一つで無く、複数育てています。 窓際に置きます。 夜、窓を開けておくと、風と共にふわりと香りが漂う。これが何とも言えず、幸せ。 ジャスミンは一日花ですので、すぐに花を落としてしまいます。 その花を朝拾って、テーブルに置…

続きを読む

2020夏のバカンス ~「特別な夏」

百合子氏が推奨する「特別な夏」を過ごしています。 この写真は昨年の夏。ちょうど今頃。 でも、今年はどこにも行かず、おうちバカンスです。 それが出来るよう、準備は万端。 テラスは綺麗にしたし、パラソルは新調したし、夏の花も咲いているし、お気に入りのリゾートウエアはあるし、美味しい泡も、美味しい泡水もあるし。 あー、万端で無い物が一つだけ。。。 …

続きを読む

梅雨明けと同時にテラス清掃。

毎回言っていますが、テラスが綺麗になってようやく、心に平穏が訪れます。 こうして美しくなったテラスを見るのが本当に幸せ。 今年の梅雨は、ほんっとに長かった! 見る見るうちにテラスは汚れ、目地には黴まで! 最悪。 毎年、梅雨が明けてから掃除するのですが、今年はもう見るに見かねて途中で一度掃除しました。 あまりに汚いのでお見せするのもどうかと思いましたが。…

続きを読む

夏の必需品①

恥ずかしいくらいに汗かきです。 夏場、朝シャワーを浴びてから化粧をするには非常に時間が掛かります。汗がひかない。。。 駅まで歩けば、もう体に汗が伝っているくらい。冷房の効いた電車が苦手です。暑がりで汗かきなのに、クーラーが苦手っていうのもまた難点。 急激に冷やされた汗のせいで、一気に寒くなってしまうのです。 会社に着いたら下着を着替えます。でないと、風邪をひくので。 …

続きを読む

梅雨の夕空いろいろ。

あっという間に7月が終わってしまいますね。 ようやく長い梅雨が明けそうです。今年も雨の被害が多いですね。この後もまだまだ被害が出そう。 家時間が長くなると決まった4月に、決めた事がありました。晴れの日三か条。 一、朝は6時に起きる。 二、1時間歩く。 三、テラスし過ぎない。 結局、三は変更しました。「し過ぎない」⇒「存分にする」、、、そう、正反対です。(笑) …

続きを読む

バラの寿命。

一昨年の第20回で終了してしまった、「バラとガーデニングショウ」 初回からほぼ毎年行っていました。1回行かなかったかな。。。 何回目か忘れましたが、バラの神様とも呼ばれる、英国のピーター・ビールズ氏の講演がありました。 その時、氏もおっしゃっていましたが、バラには寿命があり、新しく作出されたものよりもオールドローズと呼ばれる古来からの品種の方が寿命が長いと。 この講演の後、サイン…

続きを読む

おうちごはん。その2。

その1は洋食でしたね。 なので、その2は和食含むアジア系で。 カレープレート。 カレーは自分で作っていません。テイクアウトのを冷凍しておいたもの。 付け合わせを色々変えると、なかなか良いです。 これはGW中のテラスランチ。 時間もあるし、お品書きなんて書いてみたり。。。(笑) こんなの書くなら、手紙でも書きなさいよって怒られそ…

続きを読む

テラスに貼り付く日々。

テラスで「過ごす」と言うよりも「貼り付く」日々です。 朝食を食べて、昼を食べて。暑くてテラスに居られない午後に、ちょっとだけ家事をして。 買い物の時間も惜しいので、まとめ買いをして、下ごしらえ。これも午後の暑い時間に。 バラが美しく香り高く咲くのはほんの3週間ほど。 この期間でテラス日和はなかなかありません。 今年は雨は少なかったのですが、風が。。。 …

続きを読む

2019冬旅~シャンパーニュ地方

昨年末のパリ旅は元々、友人に「シャンパーニュ飲みに行こうよ~♪」と誘われたところからのスタートでした。 たった一日ですが、これが本来の目的。友人とスケジュールはここを合わせて。 一人でスト中のパリで過ごすのは意外と楽しいものでしたが、やはり友人と一緒に過ごす時間は楽しい♪ ストのせいで予定していた電車に遅れそうで、まだ薄暗い早朝のパリを全力疾走。(笑) …

続きを読む

バラ色の日々

一年で一番大切な季節。 毎年、この季節は何とか予定を入れまいとしていますが、今年は何をせずとも予定は無し。 何の言い訳もしなくても、家にいていいなんて~♪ 次々とバラが咲いていきます。 バラの香りに包まれながら、朝食を食べ、BGMを小さく流しながら雑誌を読み、新聞を読み、、、そう、最近新聞を隅々まで読んでます。今まではヘッドラインのみでしたが。(笑) …

続きを読む

おうちごはん。その1。

stay home期間のおうちごはん。 SNSを見ていると、皆さん、時間と手間を掛けた素晴らしい料理ばかり。 でも、私の場合はこのシーズンはとにかくテラスに居たいから、料理時間は最小限にしたい。 買い物の時間すら惜しい。(笑) 最初は週に3回だったのが、今では週に1度。 ま、それでも充分に変化に飛んだお料理が出来ます。 これは、週1の買い物でも充分にできてしまうイタリ…

続きを読む