粉遊び♪

焼き上がり。

画像


耳を澄ますと、クラストのパチッパチッという音が。

香ばしい香りもさることながら、この音が何とも言えません。




最近も、また粉まみれです。

春は、セミナーの試作もあって、パウンドケーキ三昧、要はお菓子でしたが、今はパン。

粉、水、塩、イーストの、シンプルなパンです。

そして、加水タイプ。

粉と水を同量。

水が多いと、生地はどろどろ、ネバネバで、非常に扱い難いのですが、出来上がりが美味しいのです。



外側のクラストはカリッと、内側のクラムはもちっと。

画像


イーストはドライタイプをほんの少々使っています。
少量ゆえ焼き上がりにも香りません。
小麦がこんがり焼けた香りのみ。

噛むほどに小麦の甘さを感じます。


今のところ、2種を交互に焼いています。
ゴマをたっぷり入れたタイプと、全粒粉を1/3入れたタイプの2種。


画像



しっとりクラムに香ばしいゴマ。

小麦の素朴な甘味を感じる全粒粉入り。

どちらも甲乙つけがたい~(笑)



焼いた日はそのまま。
外側のバリッとした食感と、内側の瑞々しいほどのしっとり感。

美味~♪



画像


翌日以降はトーストして。
こんがり香ばしい香りが更にUP。
でも内側のクラムの瑞々しさは変わらないのです。

全粒粉入りをトーストしたら、バターを付けたく
なるんです。
これはオリーブオイルじゃないのですよね~(笑)



画像


変わらず使っています。

山桜から彫り出したバターケース。

毎日見ても飽きません。うっとり♥

画像


東屋のバターケースには、全量と半分があって。
私は、半分サイズを使っています。

大きなバターを買ったら、切り分けて冷凍庫に。






リーンなパン。
美味しくて止まらない。

朝食のパンの量が、すっかり増えてしまいました(笑)

「糖質制限、、、」が浸透する世の中に逆行しています。



画像


神秘的。

と、この写真をSNSでみた方が。


確かに。

美しいです。




粉遊び、まだまだ続きます。

朝食のパンは欠かせませんし、何よりまだ納得の出来に達していません。


発酵時間や温度や、、、

日によって違うので、出来上がりにも差が出ます。

お店のようなパンを目指すわけではありませんが、毎回、そこそこの出来になるといいな、と。


そうなるまでには遠い道のりです。



考えていたら、また焼きたくなってしまった~(笑)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • MONTA

    粉もん遊びは難しいですねぇ。
    僕も、うどん蕎麦と粉もんで遊んでみましたが、滅茶苦茶難しいです。
    しかも延ばす時には粉まみれ!
    粉もんを生業にされている方のご苦労が、本当に本当に小指の爪の先っぽくらいは実感できました。
    2017年05月25日 20:00
  • MONTAさんへ。

    本当ですね~粉遊びは楽しいけれど、なかなか難しいですよね。
    今まで、一度として同じ出来になったことがありません。
    まあ、毎回気ままに作っているからなのですが。
    これがプロとなったら、毎回同様の出来にするために、温度、水、時間、、、神経使うでしょうね。
    2017年05月28日 22:35

この記事へのトラックバック