モーリシャス島

20代後半で行ったモーリシャスの美しい海。 今、重油汚染が深刻です。 昔の写真を引っ張り出して、スキャンしてみました。 スキャンでもこの美しさ。 この美しい海が汚れてしまった。取り戻すには一体どのくらいの時間が掛かるのだろう。 10代、20代と最も影響を受けたのは、多分、森瑤子の小説。 大人の時間の持ち方、食事や夜や、特にバカンスの過ごし方。 新…

続きを読む

2019冬旅~シャンパーニュ地方

昨年末のパリ旅は元々、友人に「シャンパーニュ飲みに行こうよ~♪」と誘われたところからのスタートでした。 たった一日ですが、これが本来の目的。友人とスケジュールはここを合わせて。 一人でスト中のパリで過ごすのは意外と楽しいものでしたが、やはり友人と一緒に過ごす時間は楽しい♪ ストのせいで予定していた電車に遅れそうで、まだ薄暗い早朝のパリを全力疾走。(笑) …

続きを読む

2019冬旅~パリ。雑貨。

パリにはお洒落な雑貨のお店がいっぱい。 もっとちゃんと調べておけば良かったと、後悔していることの一つ。 おうち時間たっぷりの今、手持ちの雑誌を見ていると、パリの雑貨店の情報がたくさん。。。あー、残念。 友人のアドバイスがあり、有名どころに一か所だけ行きました。 Merci 大通りに面した建物がくりぬかれたようなアーチを抜けると、中庭を擁したコの字型の…

続きを読む

2019冬旅~パリ。食その2。

タルタルと並んで美味しかったのは、チュイルリー公園のクリスマスマーケットで食べたソーセージ&マッシュポテト。 これ、ほんと美味しかった! ソーセージに入っているハーブの香りと、焦げ目の芳ばしさ。 イタリアのサルシッチャのハーブと違うんです。香り高いというか、香りがフローラル系。 そこに甘いジャガイモと、これまた甘くなるまで炒めた玉葱が混ざっていて。 考えてみれば、パリ滞在中…

続きを読む

2019冬旅~パリ。食その1。

食の都パリでしょ。やっぱり。 あ、花の都でしたか。。。(笑) 東京にいれば美味しい料理は沢山頂けるので、レストランでの食はそんなに期待はしていませんでした。多分、行かないし。。。 でも、まず美味しいパンを食べたい、特にクロワッサン。 後はタルタルステーキかな。 あ、大好きなムール貝もバケツで食べたい。当然、ポテトフライと一緒に♪ 先ずは一番美味しかったタル…

続きを読む

2019冬旅~パリ。美術館。

美術の知識は無いけれど、パリに8泊もしたら、美術館くらいは行かないと。(笑) 昔も行ったはず。でも、本当に昔過ぎて、全く覚えていません。 あ、でもルーヴルは改装中だったな、そう言えば。 春のイタリア旅で事前予約の大切さを知ったので(笑)、ネットで事前購入と時間予約を。 観光旅行、しばらくしていなかったので春のイタリア旅では失敗もいくつか。 その一つが観光施設の予約。 …

続きを読む

2019冬旅~パリ。市場。

市場のお話ふたつ。 パリに着いたのは金曜日。 土曜日に行きたい市場がありました。 ラスパイユ通りで毎週土曜日に開催される、オーガニックマルシェ。 私はオーガニック信奉者ではありません。オリーブオイルを勧める立場で色々見ていますが、農産物の質と味わいはオーガニックとは比例しないと思っています。 特にオリーブオイル。オーガニック表示が付いていて、口に入れたくないような美味しくな…

続きを読む

2019冬旅~パリ。ホテル。

パリには8泊。 きっと飽きちゃうだろうな~なんて思っていたけれど、とんでもない。流石、パリ。 飽きるどころか、日々楽しくて。 ストだろうが冬だろうが色々な楽しみ方がありました♪ まずは、旅の拠点、ホテルのことを。 ホテルは友人のアドバイスに従ってHotel Aiglon Parisに。 4番線と6番線が通る、ラスパイユ駅から見える場所。 地下鉄が動い…

続きを読む

2019オリーブ旅~アブルッツォの宿 アグリツーリズモ

車を借りるスケジュール上、アブルッツォのキエーティに2泊必要。最初は駅近くのホテルにしようかと思ったのですが、せっかく車があるのだからと、街から離れたアグリツーリズモに滞在を決めました。 アグリツーリズモ ラ ルスティカ 料理レッスンもしているようで、写真も美味しそう♪ただ、最低3泊からでサイトでの予約がはねられてしまう。これは直談判しかない。得意技(笑) 2日後にお返事が。どうぞ~と…

続きを読む

2019オリーブ旅~イタリア・洞窟のリストランテ

先のレンタカー記事で、どうしても今回訪問したかったトンマーゾ・マシャントニオ社のトンマーゾ社長にランチのお誘いを受けたことを書きました。 あまりにも素敵だったので、ここで改めて。 普通、生産者にランチのお誘いを受けると大抵はご家族や従業員の方と一緒に、普段のテーブルについて彼らが食べているいつものランチをご一緒します。 ところが、、、知り合いの店で、オイルも卸しているから、その…

続きを読む

2019冬旅~パリ

秋のオリーブ旅記事の途中ですが、昨年暮れはパリに。 そう、ストライキ真っ最中のパリです。(笑) 昨年は春、夏、秋と旅したので、節約しなくちゃいけないし、暮れは家でゆっくりと過ごし日本らしい正月のお仕度でもしようかと思っていました。 そこへ友人が、シャンパーニュ地方に行かないかと。。。 友人と重なる日程が3日ほど。だったらイタリアとフランスを混ぜようかなとうっかり思…

続きを読む

2019オリーブ旅~イタリア・アブルッツォ~レンタカー

今回のイタリアオリーブ旅でどうしても訪ねたかった生産者。 Az.Agr.Tommaso Msciantonio トンマーゾ・マシャントニオ 昨年のオリーブオイル関西で、Sol D'oroソルドーロの受賞オイルを紹介するブースで、オイルテイスティングセッションとセミナーを通訳をしたのですが、その時に一番気に入ったオイルが、この生産者のオイル。 香りが先ず素晴らしい!単一品種にも関…

続きを読む

2019オリーブ旅~イタリア・テルモリ~パンパネッラ

パンパネッラは、オリーブともオリーブオイルとも全く関係ないのですが、、、 自称(笑)パンパネッラ大使ですので。 La pampanella パンパネッラは豚肉料理です。モリーゼ州のサンマルティーノ イン ペンシーリスという小さな町が発祥の伝統料理です。 モリーゼとお隣アブルッツォの名産であるペペロンチーノには、私たちがイメージする辛い唐辛子(ペペロンチーネ ピッカンテ)と、…

続きを読む

2019オリーブ旅~イタリア・テルモリ~魚介

もう少し食のこと。 モリーゼ州テルモリは先の記事でも書いたように、アドリア海に面しています。その為、魚介を良く食べます。 これはイタリアを旅していて気付いたのですが、シチリアも含めティレニア海に面している場所では魚介は食べても生では食べません。 ところが、反対側の海、アドリア海側ではたとえばプーリアもそうですが、生で魚介を食べます。牡蠣はもちろんのこと、海老、烏賊などや、貝…

続きを読む

2019オリーブ旅~イタリア・テルモリ~電車とバスのことなど

香川県に続き、オリーブ旅を。 恒例とも言える、収穫時期のイタリアめぐりです。 ローマから先ず向かったのは、モリーゼ州のテルモリ。このエリアで有数のリゾート地。夏には人で溢れかえる、、、そうです。 私が行くのは秋なので、ビーチは閑散。 イタリアの西の端から東端へ、縦断です。鉄道は南北はかなり路線も本数もありますが、東西の移動は車がメインです。 長距離なのでトイレだけ気にな…

続きを読む

2019オリーブ旅~香川県三豊

日本最大のオリーブ畑がここです。 香川県三豊市にあるアライオリーブの三豊農場です。 正面にオリーブの樹が植わっているのが見えますよね。 アライオリーブの社長荒井さんとは、5年以上前に一度だけイベントでお会いしましたが、基本的に海外マーケットをターゲットにしていらっしゃるので国内イベントでお会いすることもなく、その後SNSの繋がりだけでした。 もしお時間があれば…

続きを読む

2019オリーブ旅~小豆島「食」

先の記事の最後にも書きましたが、オリーブ旅ですし初訪問する生産者さんのお邪魔にだけはなりたくなく、食べる物は本当に何でも良いと思っていました。 畑や搾油所でコンビニのおにぎりを食べながらでも良いと思ってましたし。 けれど、、、 美味しかった~! 砂ジャコの唐揚げ。さくさくの外側、内側にはぬめを感じるようなゼラチン質も少し。ビールと共に、止められません。 カボスが添えられ…

続きを読む

九十九里浜2019ガラス

九十九里浜の楽しみは乗馬のみにあらず。 スガハラで作った一輪挿しです。水差し?かも。 今年は3年ぶりにスガハラガラスへ。菅原工芸硝子株式会社 ショップとカフェもありますが、ここがスガハラの工房です。 体験と見学もできますが、本当にここで作品を作っています。以前、RistoranteHONDAでも使っているガラスの皿を作っているところをちょうど見かけました。 写真撮影禁止…

続きを読む

2019春旅イタリア~ヴェネツィアの食

Aperol アペロール。 イタリア全土共通ですね、これを飲むのは。 特に北から中部が多いかな。シチリアで飲んでいる人はあまり見かけないです。 テラスの客みんなが、これを飲んでいる光景もよく見かけます。この後に行った、フィレンツェでもローマでも。 でも、観光客かな、、、地元っぽくは無かったな。 ここは、Caffè Florian カッフェ フローリアン…

続きを読む

2019春旅イタリア~ホテル・ロロロージオ

今回の宿泊ホテルはHotel L'orologio ホテル・ロロロージオ フィレンツェにもあります。 ここに泊まった友人が、良かったよ~♪と言っていたので、ここに。 もし2月末のカルネバルの時期だったら、絶対に泊まれなかったことでしょう。 狭い場所ヴェネツィアですから、広さは期待していませんでしたが、パブリックスペースにも快適なスペース…

続きを読む

2019春旅イタリア~ブラーノ島

深夜にヴェネツィアに着き、翌日はブラーノ島へ。 天気予報は曇り時々雨でしたが、島に到着する頃には薄日がさしてきました♪ やはりここも、本島からヴァポレットで。 ホテルから歩いて発着場のフォンダメンテ・ノーヴェFondamente Nove"F.te NOVE"へ。 ここからだと、ブラーノまでは20分程度。 家の壁がカラフルなのは、霧が出やすい漁業のこ…

続きを読む

2019春旅イタリア~ヴェネツィア

3都市観光。北から南下。先ずはヴェネツィアを目指します。 ヴェネツィアのホテルに到着するまでが、今回の旅の山場。 山場というか、そう、心配でした。無事にその日の夜に着けるか(笑) フィウミチーノ空港に着き、次にヴェネツィアへの便へ乗るため、、、、(そう、乗継ではないのです。前記事を参照下さいませ。) 時間に余裕を持たせた為、ヴェネツィア(マルコポーロ)空港に着いたのは…

続きを読む

2019春旅イタリア~航空券追加購入

今回はオリーブオイル旅ではなく、観光旅行。 もう2度とすることは無い(笑)と、思っていたイタリア周遊観光旅行です。 オリーブオイル旅はイタリア旅行とは言えず、みなさんの参考には全くなっていなかったかと思いますが、今回は観光旅行。 行く場所も都市だし、メイン観光地を巡ります。 お役に立てるよう、今回の経験を記しておこうと思います。 いつもは一人で旅…

続きを読む

2018夏旅~Trapani食その1

今回思ったのは、伝統料理が少しずつ変化していること。 初めての9年前と比べると、味付けは薄めになったように思います。 もちろん家庭料理は元々濃い味付けではありませんでしたが、トラットリアやレストランで頂く料理も優しいお味でした。 たまたまかもしれませんが。 先ずはTrapaniといえばこれ。 クスクス。 今回のアパートメントから見下ろす広場で、クス…

続きを読む

2018夏旅~Marettimoマレッティモ

9年ぶりにMarettimo島へ。 海の美しさイタリア有数のエガディ諸島のうちの一つの島です。 トラーパニから高速船で1時間半程度。 とはいっても、他の島に寄りながらなので、ダイレクトに行けるのであれば、30~40分かと。 島に着いたら先ず洞窟巡りのボートツアーに申し込みます。 3時間から半日程度まであって、美しい洞窟を巡り、泳げるポイントで停めてく…

続きを読む

2018夏旅~Trapani星に願いを

聖ロレンツォの夜は星を見る、流れ星を見るのが習わしとのこと。 流れ星に願いをかけるのは、世界共通ですね。 Calici delle Stelle と題して、トラーパニでも色々なイベントが催されていました。 オリーブオイル生産者ティトーネの、アントネッラに誘って頂き、トラーパニの塩田から船で20分ほどの小さな島での星の会に。 ここはba…

続きを読む

2018夏旅~Trapani泳ぐ

海ですからね、泳ぎます。 もちろんゴーグル持参。 このパラソルの下で優雅にのんびり、、、、 なんてしません。(笑) 思い切り食べて飲むためにも、泳ぎます。 ま、普通みんなは泳ぎません。 まさに、海水浴。 波打ち際に浸かって、しゃべっている人がほとんど。 本当にまぁイタリア人は良くしゃべります。 何処でも。 ビーチは夏の社交場なのです。 噂…

続きを読む

2018春~台湾「十分と九分」

2泊3日でしたが、十分と九份には行きたくて。 九份の夜景は、世の中で行くべきリストに乗っていますので流れですが、十分で天燈を揚げてみたかったんです。 韓国の旅番組を見ていたら、十分で天燈を揚げている様子が出てきて、これはなんだか楽しそうだなぁ~と。 余談というか、脱線というか、韓国のバラエティ番組で「花よりおじいさん」、たしかそんな名前だったので…

続きを読む

2018春~台湾

台湾に。 初の台湾。 屋台や夜市。 どこに行っても、提灯や天燈が美しい。 ゴージャスなのに、けばけばしさが無い 九份。 海沿いの斜面の街はどの国も、情緒が。 夜の姿を見る為に、向かいの店で、暮れ待ち。 坂道歩いたので、喉も乾いて…

続きを読む

サンタマリアノヴェッラSanta Maria Novella~2017冬旅フィレンツェ

フィレンツェに居るのですから、しかも、こんなに何日も。 当然ながら、愛しのサンタマリアノヴェッラSanta Maria Novellaへ♪ クリスマスシーズンのウィンドウ。シンプルで、上品。 ちなみに、サンタマリアノヴェッラ薬局の正式名称は、、、 Officina Profumo - Farmaceutica di Santa Maria Novella …

続きを読む