テーマ:グルメ

2019オリーブ旅~イタリア・テルモリ~パンパネッラ

パンパネッラは、オリーブともオリーブオイルとも全く関係ないのですが、、、 自称(笑)パンパネッラ大使ですので。 La pampanella パンパネッラは豚肉料理です。モリーゼ州のサンマルティーノ イン ペンシーリスという小さな町が発祥の伝統料理です。 モリーゼとお隣アブルッツォの名産であるペペロンチーノには、私た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019オリーブ旅~イタリア・テルモリ~魚介

もう少し食のこと。 モリーゼ州テルモリは先の記事でも書いたように、アドリア海に面しています。その為、魚介を良く食べます。 これはイタリアを旅していて気付いたのですが、シチリアも含めティレニア海に面している場所では魚介は食べても生では食べません。 ところが、反対側の海、アドリア海側ではたとえばプーリアもそうですが、生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019オリーブ旅~小豆島「食」

先の記事の最後にも書きましたが、オリーブ旅ですし初訪問する生産者さんのお邪魔にだけはなりたくなく、食べる物は本当に何でも良いと思っていました。 畑や搾油所でコンビニのおにぎりを食べながらでも良いと思ってましたし。 けれど、、、 美味しかった~! 砂ジャコの唐揚げ。さくさくの外側、内側にはぬめを感じるようなゼラチン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【募集】オリーブオイルセミナー@横浜「カンブーザ」2017/3/12

久し振りに、カンブーザでセミナーをします♪ 古巣、、、と呼んでも良いくらいのカンブーザ。久し振りのイベントにワクワクです♪ blogでのセミナー告知も久しぶりです。 日曜日なので、お帰りが遅くならないよう、17:30からのスタートにしました。 お席、まだありますので、是非、いらして下さいね~! 詳細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピーナッツバター

子供の食べ物のイメージが常にあったピーナッツバター。 甘くて、ジャンキーなイメージ。 でも、こんなに美味しい大人の(笑)、ピーナッツバターがあったんですね~♪ Bali旅行記の途中ですが、最近の朝食の幸せについて語りたく。(笑) これは8月上旬に九十九里に行った時にお土産に買ったもの。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ristorante HONDA リストランテ ホンダ2015年12月

静かな空間で、ゆったりと、美味しい食事を楽しみたい。 と、出掛ける先は、Ristorante HONDA 先ずはスプマンテを頂きながら、メニューを眺める。 慌ただしかったその一日のリズムと、心の張りを緩める時間。 サービスの方たちに質問したり、お勧めを聞いたり。 ちょっとした近況報告、お…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Da Olmoダ オルモ2015年4月

料理もワインも雰囲気も良く、心地良く美味しい時間を過ごすことが出来る店。 2月の訪問に続いて2度目の夜。 先ずは最初のフランチャコルタから美味。ドサージュ・ゼロのキリリ辛口は、この暖かい宵にぴったり。 前菜は盛り合わせで。 季節の食材を美味しい場所から。 中心の、タンポポ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

目黒桜祭り@ガレオーネ

目黒区に店を構える人気店が集まり、一夜限りのイベントを開催しました。 とは、前回の肉祭りの時の書き出し。 今回は、その第二夜!桜の季節の宴。一夜限りでは無かったわけです!本当に第二回目を開催することが出来ました。 揃ったお店は前回と同様。 学芸大。オステリア・パル・リ.カーリカ 下目黒。アン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3年目のpici

トマトソースのピーチ。 パスタはもっちりと。 そのパスタ1本1本に、ピタリと美しく寄り添うトマトのソースは、少しの酸味と甘みが凝縮しています。 美味。 ピーチとは、ピチとも言いますが、トスカーナ地方の手打ちパスタです。 もちもちした食感が特徴で、手打ちうどんのようです。 連日大にぎわいの学芸大のリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

La Pastaione ラ・パスタイオーネ2015年1月

今月末の貸切オリーブオイルセミナーの打ち合わせへ。 久し振りにお邪魔した、ラ・パスタイオーネ。 年末に発表された2015ミシュランガイド東京のビブグルマンに選ばれたこの店だが、何も変わることなく迎えてくれる。 平日のランチタイムのピークが終わった時間。 ランチを頂きながら、シェフの手が空くのを待つ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Meguro Niku-Maturi目黒肉祭り@クオレ・アズーロ

目黒区に店を構える人気店が集まり、一夜限りのイベントを開催しました。 名付けて 「Meguro Niku-Maturi 目黒肉祭り」 学芸大。オステリア・パル・リ.カーリカ 下目黒。アンティーカ・ブラチェリア・ベッリターリア 中目黒。クオレ・アズーロ 都立大。ガレオーネ 都立大。ヴィオラ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

21周年。

なんと。 21周年です。 よくもっています。 と、20周年の時も同じようなこと言ってますが。(笑) 20年、あっと言う間ですね。 歳を取るのが早いわけです。 記念日の日のテーブルの上の花束。 彼から。 も ち ろ ん、催促して、の事で…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

Cucina 13 Aprile クチーナ・トレディチ・アプリーレ2014/8

素材を生かす、素材にこだわる、素材に、素材を、素材、、、 「素材」をキャッチフレーズを掲げる店は多い。 そんな中で、この店こそ素材にフォーカスしていると、日高シェフのお料理を頂く度に思う。 先ずは無駄がない。 食材が白ければ、皿の上は白いまま。 緑の食材であれば、皿の上は緑。 茶色であれば、茶色の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

CAMBUSA カンブーザ2014/4

バッサーノ産ホワイトアスパラガス。ブッラータ。トマトのジュレ。 春と呼ぼうか、それとも初夏か。 そんな季節の味わいが軽やかな彩りで皿の上に。 シャキリとしているアスパラはほろ苦さと甘味を持ち、ブッラータはミルクの甘味。 甘酸っぱいトマト。 トマトのエキスのジュレは、遊びと共にとろける。 この早い初夏の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一夜限りの特別な宴。

イタリアの北に位置するフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州のフリウリ地方で話されている「フリウリ語」は、イタリア語とは全く違う言語です。 道路標識も2か国語表示。 昨年の冬。亀戸のメゼババにお邪魔した時に、見つけたのがこのフリウリ語の辞書。 今、業界でも大注目のメゼババのオーナー高山シェフは、このフリウリのウーディネ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

La TRIPLETTA ラ トリプレッタ 2014年4月

黒鯛のカルパッチョ。 肉厚で、旨みたっぷり。 こんなに辛みの強いしっかりとしたルッコラ・セルバチコ、日本にもあるのか。 花のように並べられたのは、ムール貝。 あっさりと、いくらでも。 皿にもこだわりが。 奥の殻入れ用と、同じ絵皿。 ナポリで買い付けたカラフルな絵皿が、ふんだんに。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

トラットリア築地パラディーゾ 2014年2月

前菜の盛り合わせ。 タコのマリネ、サーモン、そしてメカジキの燻製。 このメカジキの燻製が素晴らしかった。 ほんの軽く燻されたメカジキは、口の中で香ばしい香りと共にとろっと溶けるよう。 この盛りに騙されてはいけない。 大味どころか、繊細。 魚介の前菜は続く。 色々な貝をたっぷり。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2月14日。雪とチョコ。

さーて、結果報告です~♪ と、一文目で結果が分かってしまう。(笑) そう!お察しの通り、今年は大差をつけて私が勝利! ・・・大差過ぎて、つまんな~い。(笑) だって、7対1ですから。 1個ですよ。これ、どうなの? そんなにもてなくて、大丈夫かしら。。。と心配にな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

リ.カーリカ一周年。

昨日は大好きな店、学芸大学の「リ.カーリカ」の1周年パーティでした。 オーナーシェフの堤氏は私にとっての恩人。 お料理が美味しくて何度か通っているうちに、オリーブオイルセミナーをさせて頂けるようになった、駒沢公園の「トゥ・セイグランデ」。 それはこのブログを以前からご覧の方は、ご承知。 堤シェフなくして、今の私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Biffi TEATRO ビッフィ テアトロ 2014年1月

小鯛のフリット 赤玉葱のソースとサルサヴェルデ さくっと揚がったフリットに、甘酸っぱい赤玉葱のソースが美味。 サルサヴェルデも良いアクセント。 白子のポアレ レンズ豆添え 自家製ベーコンのソース お好きな方が多い白子、実は私はそれほどでもなく。 でも、この白子は絶品。ほんとうにふんわりと甘く、外側はしっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Mese Babaメゼババ 2014/1

小鰯の燻製。 軽く燻製されたほろりとくずれる鰯。穏やかな美味しさは繊細な白ワインにぴったり。 キスとズッキーニのフリット。 カウンター越しにやけどしそうな程熱々のまま供される。 それを頬張る幸せ。寒い夜。 その熱々を、隣の席にいらした熱々の新婚ご夫婦とシェア。 ご主人は偶然にも、先日お邪魔した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Antica Braceria Bellitalia ベッリターリア2014年1月

3種の前菜から。 石鯛のカルパッチョ。 歯ごたえある質にちょうど良い塩気。下の黒米サラダも良いアクセント。 大根のポタージュに浮かんだトルテッリ。 大根の滋味と雲丹の塩気と香りの中にトルテッリ。。。美味。 ほろほろ鳥のフリット。 さくっとフリットを食べて、下の蓮根の甘酸っぱいキャラメリゼを食べる。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

食べてますよ~2013冬

なんだか家の中のお話ばかり続きました。 が、当然ながら外ご飯もしております。 11月に仕事が集中してしまったため、全く出かけられませんでした。 その反動というか、予定を先送りにしたせいで、12月はご想像通りの生活をしております。(笑) ちょっと事情で携帯画像でアップして参ります。少々見苦しいけれど、画…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

昼と夜のクリスマス

星のあと。 そう、白いものは粉砂糖です。 あるものに粉砂糖をまぶしてできた跡。 Pandoroパンドーロ イタリアでクリスマスシーズンに食べるお菓子です。 袋の中に入れたまま粉砂糖を掛けて、ガサガサっと振ってまぶすのが本来の食べ方。 でも・・・ あまりにも美し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オリーブオイルセミナーします。タランテッラ・ダ・ルイジで。

甘いもの、特に好きではありませんが、これは美味しかった~♡ 結構な大きさでしたが、完食! フルーツたっぷり。マンゴーのジェラートも乗っていて。 これを作ったのは、昨年イタリアでずっと修業していた方。 Mくんと呼びましょう。Mくんとは、カンブーザのイベントで知り合いました。その時は求職中で。 「この後…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

記念日にお食事を。

気付いてみれば20年。 これも、私の日々の努力の結果です・・・ はいはい、毎度の嘘です。ひとえに彼の忍耐力のお蔭でございます。(笑) 20周年。 「20周年には、再びモーリシャスに行く」なんて、昔は思ってましたけど、それは到底かなわず。 または、お世話になっている友人たちとパーティなんてことも考えましたが、結局いつ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

続けていい?(笑)

食べてますよ~その2。 武蔵小杉のオージオ・ソットosio sotto ここは、例のカンブーザで働いていた方2人が独立して始めた店。 レセプションには行けませんでしたが、機会を見て行って参りました。 武蔵小杉、初めて降りました。ちょっと我が家からは遠いので。 こじんまりとした、とてもいい雰囲気のお店でした。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

クチーナ・トレディチ・アプリーレ

7/13(土)のオリーブオイルセミナー、夜の部のお席、もう少しあります。 気になってらした方、お問い合わせくださいね。info☆luce-verde.com 詳細はこちらです ⇒ http://luce-verde.com/seminar/schedule/cucina13_cena0713 さて、今日は打ち合わせを兼…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

食べてますよ~(笑)

最近、どこそこにお食事しに行きました~って記事、UPしてません。 行ってないのです。 って嘘に決まってます。(笑) 記事にする時間が無いほど、行ってるのです。 まとめちゃいますよ~。さー、覚悟はいいかい?(笑) 先ずは・・・・ えっとどこからだ? そうだ! リストランテ・ホンダ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ご報告。オリーブオイルセミナー@リストランテ・ホンダ

HPでフォーマルなご報告は済ませておりますので、例によってブログは裏話系で。(笑) まあ、素晴らしいお料理の数々。。。 脱帽とはこのことですね。 是非、お料理の様子ご覧ください! 最初の方は、私がオイルについて云々語ってますので、飛ばしていいです。(笑) 後半にお料理写真がズラリ♪ まずは、HPでご覧くださいませ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more