2019オリーブ旅~香川県三豊

日本最大のオリーブ畑がここです。 香川県三豊市にあるアライオリーブの三豊農場です。 正面にオリーブの樹が植わっているのが見えますよね。 アライオリーブの社長荒井さんとは、5年以上前に一度だけイベントでお会いしましたが、基本的に海外マーケットをターゲットにしていらっしゃるので国内イベントでお会いすることもなく、その後SNSの繋がりだけでした。 もしお時間があれば…

続きを読む

2019オリーブ旅~小豆島「食」

先の記事の最後にも書きましたが、オリーブ旅ですし初訪問する生産者さんのお邪魔にだけはなりたくなく、食べる物は本当に何でも良いと思っていました。 畑や搾油所でコンビニのおにぎりを食べながらでも良いと思ってましたし。 けれど、、、 美味しかった~! 砂ジャコの唐揚げ。さくさくの外側、内側にはぬめを感じるようなゼラチン質も少し。ビールと共に、止められません。 カボスが添えられ…

続きを読む

2019オリーブ旅~香川県小豆島

いつもイタリアばかり、、、そう思われてしまっていますが、日本ももちろん。 価格が張りますので、なかなかセミナーでご紹介していませんが、日本のオリーブオイルのクオリティはどんどん上がっています。 日本のオリーブオイルと言えば、小豆島。 高速船で高松築港から小豆島の土庄港へ。 台風が毎週のように来るシーズン。通過直後でした。まるで真夏のような暑さ。気温は30℃。 …

続きを読む

2020年手帳は・・・

6年ぶりにスマイソンです。 でも、久し振りの気がしません。 買ってこそいないのですが、この季節は「どーしようかなぁ~」と、毎年スマイソンのサイトを眺めてましたので。 毎年カラーが追加されたり、無くなったり。 シリーズ自体無くなったことも。 残念ながらメイフェアダイアリーも無くなってしまった。ミドルサイズのバーチカルタイプでした。残念。 痛い思いというか、大失敗してしま…

続きを読む

九十九里浜2019ピーナッツ

もう一つの九十九里浜のお楽しみはピーナッツ♪ 落花生です。 落花生は砂地で育ちます。 千葉の落花生は有名。 このところ、九十九里浜の帰りには必ず買って帰ります。 乾燥だけしてある落花生を買ってそのまま食べても美味しいし、もし生があれば、それを買って塩ゆでして頂くのもとっても美味しい♪ 乾燥落花生がお手頃価格で買えるので、たっぷりと買い。。。 このカゴには…

続きを読む

九十九里浜2019ガラス

九十九里浜の楽しみは乗馬のみにあらず。 スガハラで作った一輪挿しです。水差し?かも。 今年は3年ぶりにスガハラガラスへ。菅原工芸硝子株式会社 ショップとカフェもありますが、ここがスガハラの工房です。 体験と見学もできますが、本当にここで作品を作っています。以前、RistoranteHONDAでも使っているガラスの皿を作っているところをちょうど見かけました。 写真撮影禁止…

続きを読む

九十九里浜2019

今年も夏の終わりに九十九里浜。初めてここに来たのは2008年。途中、間が空いたりしましたが、トータル6回ほどかと。 目的は当初と変わらず乗馬。外乗できる乗馬クラブはそうそうありません。 でもここは海が目の前。 こんな風に海辺を走ることが出来ます。土日は流石に海水浴客がいるので、長い距離は無理ですが、平日ならば広々の海岸をずーっと走ることが出来ます。流石、九十九里(笑) 馬の後は、海へ…

続きを読む

2019春旅イタリア~フィレンツェの美味しい物

こんなに何度もフィレンツェを訪れていても、観光というのはなかなかしていません。市場や大好きなサンタマリアノヴェッラ薬局やファリエロ・サルティで買物して、散歩して、食べて。です。 今回も結局、並んだり見たりというのは無し。歩いて食べて買い物して、、、 お決まりのミケランジェロ広場へ運動を兼ねて。 帰り道に、疲れたし喉が渇いたのでカフェへ。 数年前から比べるとバールという…

続きを読む

ファリエロ日和♪

梅雨の晴れ間。 ファリエロ日和です~♪ あ、正しくは、ファリエロ・サルティ洗濯日和♪ È ottima giornata per lavare Faliero Sarti. 暑がりで汗かきなのに、エアコンは大の苦手の寒がり。 そんな女性は今多いかと。 四季を通してバッグには常に、その季節にあった何かしらのファリエロを常備してます。 こ…

続きを読む

春は曙。春は豆♪

先日イタリアから届いた豆♪ というのは冗談で、房総半島からです。 イタリアに行くと、野菜の美味しさに圧倒されます。 もちろん日本にも美味しい野菜はありますが、普通の店に普通に売っている野菜が唸るほど美味しいことはまずありません。 ブランドだったり、有名な生産者が作っている野菜だったり、経費を掛けている野菜だったり、家族が作っている野菜などなら話は別。 イ…

続きを読む

2019春旅イタリア~ヴェネツィアの食

Aperol アペロール。 イタリア全土共通ですね、これを飲むのは。 特に北から中部が多いかな。シチリアで飲んでいる人はあまり見かけないです。 テラスの客みんなが、これを飲んでいる光景もよく見かけます。この後に行った、フィレンツェでもローマでも。 でも、観光客かな、、、地元っぽくは無かったな。 ここは、Caffè Florian カッフェ フローリアン…

続きを読む

2019春旅イタリア~ホテル・ロロロージオ

今回の宿泊ホテルはHotel L'orologio ホテル・ロロロージオ フィレンツェにもあります。 ここに泊まった友人が、良かったよ~♪と言っていたので、ここに。 もし2月末のカルネバルの時期だったら、絶対に泊まれなかったことでしょう。 狭い場所ヴェネツィアですから、広さは期待していませんでしたが、パブリックスペースにも快適なスペース…

続きを読む

2019春旅イタリア~ブラーノ島

深夜にヴェネツィアに着き、翌日はブラーノ島へ。 天気予報は曇り時々雨でしたが、島に到着する頃には薄日がさしてきました♪ やはりここも、本島からヴァポレットで。 ホテルから歩いて発着場のフォンダメンテ・ノーヴェFondamente Nove"F.te NOVE"へ。 ここからだと、ブラーノまでは20分程度。 家の壁がカラフルなのは、霧が出やすい漁業のこ…

続きを読む

2019春旅イタリア~ヴェネツィア

3都市観光。北から南下。先ずはヴェネツィアを目指します。 ヴェネツィアのホテルに到着するまでが、今回の旅の山場。 山場というか、そう、心配でした。無事にその日の夜に着けるか(笑) フィウミチーノ空港に着き、次にヴェネツィアへの便へ乗るため、、、、(そう、乗継ではないのです。前記事を参照下さいませ。) 時間に余裕を持たせた為、ヴェネツィア(マルコポーロ)空港に着いたのは…

続きを読む

2019春旅イタリア~航空券追加購入

今回はオリーブオイル旅ではなく、観光旅行。 もう2度とすることは無い(笑)と、思っていたイタリア周遊観光旅行です。 オリーブオイル旅はイタリア旅行とは言えず、みなさんの参考には全くなっていなかったかと思いますが、今回は観光旅行。 行く場所も都市だし、メイン観光地を巡ります。 お役に立てるよう、今回の経験を記しておこうと思います。 いつもは一人で旅…

続きを読む

オリーブオイル生産者の食卓~Az.Madonna dell'olivo

イタリアのオリーブオイル生産者の繁忙期の食卓。 これをテーマに1~2月は料理レッスンをしています。 イタリアの田舎の家の食卓。 と言ったら、ゆっくり、じっくりと手を掛けて作るマンマやノンナ(おばあちゃん)の料理をイメージします。 その土地の、その季節の食材を使って、昔から伝わる料理。 でも、オリーブオイル生産者の繁忙期の料理は違います。 …

続きを読む

泡好きのスワッグ♪

昨年、知人が開催しているフラワーアレンジメント教室に行き、スワッグを作りました。 今年は自分でスワッグを作ってみました。 昨年のように、香りのよいヒバやコニファーなどをベースに、松ぼっくりやコットンフラワー、色のついた実を使おうと思ったのですが、、、、 ふと、我が家に一杯あるアレを使おうと思いつき。 実ものや、シルバーリーフはやめて、王冠付きのコルクを♪ 一…

続きを読む

グレーな気分♪は続く

ずっと悩んでいたbagの収納。 クローゼットの上部棚に並べている、、、いえ、ほとんど重なっている、可愛そうな状態でした。 棚の高さがある為、bagを立てて並べてもその上に空間ができてしまう。棚を入れたりしたのですが、どうも宜しくない。 ある日、目に入ったこの厚地のフェルトのbag iittalaのMENO ホームバッグ これを棚に並べて置いたらどうかな? 収納力は…

続きを読む

2018夏旅~Trapani食その1

今回思ったのは、伝統料理が少しずつ変化していること。 初めての9年前と比べると、味付けは薄めになったように思います。 もちろん家庭料理は元々濃い味付けではありませんでしたが、トラットリアやレストランで頂く料理も優しいお味でした。 たまたまかもしれませんが。 先ずはTrapaniといえばこれ。 クスクス。 今回のアパートメントから見下ろす広場で、クス…

続きを読む

2018夏旅~Marettimoマレッティモ

9年ぶりにMarettimo島へ。 海の美しさイタリア有数のエガディ諸島のうちの一つの島です。 トラーパニから高速船で1時間半程度。 とはいっても、他の島に寄りながらなので、ダイレクトに行けるのであれば、30~40分かと。 島に着いたら先ず洞窟巡りのボートツアーに申し込みます。 3時間から半日程度まであって、美しい洞窟を巡り、泳げるポイントで停めてく…

続きを読む