2019オリーブ旅~イタリア・洞窟のリストランテ

先のレンタカー記事で、どうしても今回訪問したかったトンマーゾ・マシャントニオ社のトンマーゾ社長にランチのお誘いを受けたことを書きました。 あまりにも素敵だったので、ここで改めて。 普通、生産者にランチのお誘いを受けると大抵はご家族や従業員の方と一緒に、普段のテーブルについて彼らが食べているいつものランチをご一緒します。 ところが、、、知り合いの店で、オイルも卸しているから、その…

続きを読む

2019冬旅~パリ

秋のオリーブ旅記事の途中ですが、昨年暮れはパリに。 そう、ストライキ真っ最中のパリです。(笑) 昨年は春、夏、秋と旅したので、節約しなくちゃいけないし、暮れは家でゆっくりと過ごし日本らしい正月のお仕度でもしようかと思っていました。 そこへ友人が、シャンパーニュ地方に行かないかと。。。 友人と重なる日程が3日ほど。だったらイタリアとフランスを混ぜようかなとうっかり思…

続きを読む

2019オリーブ旅~イタリア・アブルッツォ~レンタカー

今回のイタリアオリーブ旅でどうしても訪ねたかった生産者。 Az.Agr.Tommaso Msciantonio トンマーゾ・マシャントニオ 昨年のオリーブオイル関西で、Sol D'oroソルドーロの受賞オイルを紹介するブースで、オイルテイスティングセッションとセミナーを通訳をしたのですが、その時に一番気に入ったオイルが、この生産者のオイル。 香りが先ず素晴らしい!単一品種にも関…

続きを読む

2019オリーブ旅~イタリア・テルモリ~パンパネッラ

パンパネッラは、オリーブともオリーブオイルとも全く関係ないのですが、、、 自称(笑)パンパネッラ大使ですので。 La pampanella パンパネッラは豚肉料理です。モリーゼ州のサンマルティーノ イン ペンシーリスという小さな町が発祥の伝統料理です。 モリーゼとお隣アブルッツォの名産であるペペロンチーノには、私たちがイメージする辛い唐辛子(ペペロンチーネ ピッカンテ)と、…

続きを読む

2019オリーブ旅~イタリア・テルモリ~魚介

もう少し食のこと。 モリーゼ州テルモリは先の記事でも書いたように、アドリア海に面しています。その為、魚介を良く食べます。 これはイタリアを旅していて気付いたのですが、シチリアも含めティレニア海に面している場所では魚介は食べても生では食べません。 ところが、反対側の海、アドリア海側ではたとえばプーリアもそうですが、生で魚介を食べます。牡蠣はもちろんのこと、海老、烏賊などや、貝…

続きを読む

2019オリーブ旅~イタリア・テルモリ~電車とバスのことなど

香川県に続き、オリーブ旅を。 恒例とも言える、収穫時期のイタリアめぐりです。 ローマから先ず向かったのは、モリーゼ州のテルモリ。このエリアで有数のリゾート地。夏には人で溢れかえる、、、そうです。 私が行くのは秋なので、ビーチは閑散。 イタリアの西の端から東端へ、縦断です。鉄道は南北はかなり路線も本数もありますが、東西の移動は車がメインです。 長距離なのでトイレだけ気にな…

続きを読む

2019オリーブ旅~香川県三豊

日本最大のオリーブ畑がここです。 香川県三豊市にあるアライオリーブの三豊農場です。 正面にオリーブの樹が植わっているのが見えますよね。 アライオリーブの社長荒井さんとは、5年以上前に一度だけイベントでお会いしましたが、基本的に海外マーケットをターゲットにしていらっしゃるので国内イベントでお会いすることもなく、その後SNSの繋がりだけでした。 もしお時間があれば…

続きを読む

2019オリーブ旅~小豆島「食」

先の記事の最後にも書きましたが、オリーブ旅ですし初訪問する生産者さんのお邪魔にだけはなりたくなく、食べる物は本当に何でも良いと思っていました。 畑や搾油所でコンビニのおにぎりを食べながらでも良いと思ってましたし。 けれど、、、 美味しかった~! 砂ジャコの唐揚げ。さくさくの外側、内側にはぬめを感じるようなゼラチン質も少し。ビールと共に、止められません。 カボスが添えられ…

続きを読む

2019オリーブ旅~香川県小豆島

いつもイタリアばかり、、、そう思われてしまっていますが、日本ももちろん。 価格が張りますので、なかなかセミナーでご紹介していませんが、日本のオリーブオイルのクオリティはどんどん上がっています。 日本のオリーブオイルと言えば、小豆島。 高速船で高松築港から小豆島の土庄港へ。 台風が毎週のように来るシーズン。通過直後でした。まるで真夏のような暑さ。気温は30℃。 …

続きを読む

2020年手帳は・・・

6年ぶりにスマイソンです。 でも、久し振りの気がしません。 買ってこそいないのですが、この季節は「どーしようかなぁ~」と、毎年スマイソンのサイトを眺めてましたので。 毎年カラーが追加されたり、無くなったり。 シリーズ自体無くなったことも。 残念ながらメイフェアダイアリーも無くなってしまった。ミドルサイズのバーチカルタイプでした。残念。 痛い思いというか、大失敗してしま…

続きを読む

九十九里浜2019ピーナッツ

もう一つの九十九里浜のお楽しみはピーナッツ♪ 落花生です。 落花生は砂地で育ちます。 千葉の落花生は有名。 このところ、九十九里浜の帰りには必ず買って帰ります。 乾燥だけしてある落花生を買ってそのまま食べても美味しいし、もし生があれば、それを買って塩ゆでして頂くのもとっても美味しい♪ 乾燥落花生がお手頃価格で買えるので、たっぷりと買い。。。 このカゴには…

続きを読む

九十九里浜2019ガラス

九十九里浜の楽しみは乗馬のみにあらず。 スガハラで作った一輪挿しです。水差し?かも。 今年は3年ぶりにスガハラガラスへ。菅原工芸硝子株式会社 ショップとカフェもありますが、ここがスガハラの工房です。 体験と見学もできますが、本当にここで作品を作っています。以前、RistoranteHONDAでも使っているガラスの皿を作っているところをちょうど見かけました。 写真撮影禁止…

続きを読む

九十九里浜2019

今年も夏の終わりに九十九里浜。初めてここに来たのは2008年。途中、間が空いたりしましたが、トータル6回ほどかと。 目的は当初と変わらず乗馬。外乗できる乗馬クラブはそうそうありません。 でもここは海が目の前。 こんな風に海辺を走ることが出来ます。土日は流石に海水浴客がいるので、長い距離は無理ですが、平日ならば広々の海岸をずーっと走ることが出来ます。流石、九十九里(笑) 馬の後は、海へ…

続きを読む

2019春旅イタリア~フィレンツェの美味しい物

こんなに何度もフィレンツェを訪れていても、観光というのはなかなかしていません。市場や大好きなサンタマリアノヴェッラ薬局やファリエロ・サルティで買物して、散歩して、食べて。です。 今回も結局、並んだり見たりというのは無し。歩いて食べて買い物して、、、 お決まりのミケランジェロ広場へ運動を兼ねて。 帰り道に、疲れたし喉が渇いたのでカフェへ。 数年前から比べるとバールという…

続きを読む

ファリエロ日和♪

梅雨の晴れ間。 ファリエロ日和です~♪ あ、正しくは、ファリエロ・サルティ洗濯日和♪ È ottima giornata per lavare Faliero Sarti. 暑がりで汗かきなのに、エアコンは大の苦手の寒がり。 そんな女性は今多いかと。 四季を通してバッグには常に、その季節にあった何かしらのファリエロを常備してます。 こ…

続きを読む

春は曙。春は豆♪

先日イタリアから届いた豆♪ というのは冗談で、房総半島からです。 イタリアに行くと、野菜の美味しさに圧倒されます。 もちろん日本にも美味しい野菜はありますが、普通の店に普通に売っている野菜が唸るほど美味しいことはまずありません。 ブランドだったり、有名な生産者が作っている野菜だったり、経費を掛けている野菜だったり、家族が作っている野菜などなら話は別。 イ…

続きを読む

2019春旅イタリア~ヴェネツィアの食

Aperol アペロール。 イタリア全土共通ですね、これを飲むのは。 特に北から中部が多いかな。シチリアで飲んでいる人はあまり見かけないです。 テラスの客みんなが、これを飲んでいる光景もよく見かけます。この後に行った、フィレンツェでもローマでも。 でも、観光客かな、、、地元っぽくは無かったな。 ここは、Caffè Florian カッフェ フローリアン…

続きを読む

2019春旅イタリア~ホテル・ロロロージオ

今回の宿泊ホテルはHotel L'orologio ホテル・ロロロージオ フィレンツェにもあります。 ここに泊まった友人が、良かったよ~♪と言っていたので、ここに。 もし2月末のカルネバルの時期だったら、絶対に泊まれなかったことでしょう。 狭い場所ヴェネツィアですから、広さは期待していませんでしたが、パブリックスペースにも快適なスペース…

続きを読む

2019春旅イタリア~ブラーノ島

深夜にヴェネツィアに着き、翌日はブラーノ島へ。 天気予報は曇り時々雨でしたが、島に到着する頃には薄日がさしてきました♪ やはりここも、本島からヴァポレットで。 ホテルから歩いて発着場のフォンダメンテ・ノーヴェFondamente Nove"F.te NOVE"へ。 ここからだと、ブラーノまでは20分程度。 家の壁がカラフルなのは、霧が出やすい漁業のこ…

続きを読む

2019春旅イタリア~ヴェネツィア

3都市観光。北から南下。先ずはヴェネツィアを目指します。 ヴェネツィアのホテルに到着するまでが、今回の旅の山場。 山場というか、そう、心配でした。無事にその日の夜に着けるか(笑) フィウミチーノ空港に着き、次にヴェネツィアへの便へ乗るため、、、、(そう、乗継ではないのです。前記事を参照下さいませ。) 時間に余裕を持たせた為、ヴェネツィア(マルコポーロ)空港に着いたのは…

続きを読む