東京スカイツリー、寿司。

スカイツリーへも行きました。
最近は、強風で何度も営業中止になっているスカイツリー。

画像


予め予約してあった為、その日が風で営業中止になれば、アンジェラたちは登れずにイタリアに帰ることに。

ということで、毎日天気図とにらめっこ。(笑)


で、当日。
この日は、朝、彼女たちが大阪から戻ってきた日でした。

ホテルで待ち合わせをし、チェックイン後に押上へ。

朝早い時間は風がありましたが、それも止んでいたので、無事に第2展望台まで行けました♪

夕日と夜景の両方を見られる時間を狙って、夕方から。

その前にはソラマチでお土産を買ったり・・・

相変わらず陽気な彼女たち。

これは、誰に似合うだとか、これはあの人にとか、それ気に入ったのなら私がプレゼントするよ。とか。

結局買わないけど。(笑)



イタリア始め、ヨーロッパでは建物の高さを競うという感覚はありません。

イタリア語先生フラビオが良く言います。「あの高さを競うのは、アジア人独特の文化だと」

そういわれてみれば、確かに。

アジアにいると、より高い建物をという気持ちが分かるし、建物の上にアンテナを乗っけて、ほらこっちの方が高いでしょ♪
みたいなのも、浅はかだなぁと思いつつも理解できる。(笑)


ということで、イタリアではアジアで最も高い「東京スカイツリー」なんて、興味なし。
というか、その存在を知らない。(笑)

「予約出来たよ~!」とメールをするも、彼女たちから帰ってきたメールは、そうなんだ~ありがとう。って感じ。


しかし、実物を日光に行く電車の中から見た時は驚いた様子。

「高い!」って。

だから、高いって言ったでしょうに。(笑)


高所恐怖症だったらどうしようかと思いましたが、それはなく、二人ともエレベーターの美しさと速さに大はしゃぎ。

画像



そう!
二人なんです。
何故かと言うと・・・サルボが・・・

消えた~~

なんで~、これからスカイツリーに昇るのにぃ。。せっかくチケット予約したのにぃ。。。



旅行前、共通の友人を通じて、日本で会う約束をしていた人がいた様子。
で、その人と連絡が取れたものだから、せーっかく予約したスカイツリーを振ってそっちへ。

そりゃ、相手は女性でしょ~。(笑)



流石に翌日は、平謝りのサルボでした。

首尾は・・・・聞いても教えてくれないのよね。どうだったんでしょうね。

サルボの恋話は、また次回に。(笑)


さて、スカイツリー話続けます。

え?
それより、サルボが気になる?
わかるけどぉ。




ほら、美人姉妹のお写真です♪

画像



いつも笑顔で、明るくて、とにかく人を思いやる彼女たち。
誰からも好かれます。

イタリアでそうだったように、アンジェラは、日本でもあらゆる場面で相手に「ありがとう」を言うんです。

お店でも、通りでも、公園でも。(笑)

先に通してもらった時はお礼。食事の時、運んできてくれた人にもお礼。もちろん食事後もお礼。買い物した後もお礼。
ニコッと笑いながら。

ね、周囲が明るくなるわけでしょ。




日本食が好きなアントネッラの希望で夜は寿司屋に。

疲れちゃったのでソラマチの中で食べることに。

運よく、アンジェラも食べられそうな定食もあるお寿司屋さんがあったので。そこで。

画像


カウンターに座った私達。

やっぱり、アンジェラはカウンターの中の職人さんとコミュニケーションを取り始める。
もちろん言葉でなく、笑顔で。


画像


アントネッラも大満足!こんな美味しい寿司はミラノでは食べられない!

と大興奮。(笑)

Buonoヴォーノ 美味しい の上級が、 Buonissimo!ヴォニッシモ とっても美味しい なのですが、更に上があって、
Squisitoスクゥイジート
めちゃくちゃ美味しい! って感じ。

何度もこの言葉が出てました。(笑)

アントの言葉を職人さんに伝えると、職人さんたちもとっても喜んで。

栞にして下さい。と、葉蘭で、蝶や富士山や、いろいろな物を作ってくれました。



店を後にするとき。

私は、会計を済ませて店を出ようとしたのですが、彼女たちは出ずにきょろきょろ。


どうしたの?と聞くと、あの人にお礼を言ってから帰りたい。と。
ちょうどあの職人さんが裏に行ってしまっていたのです。

で、職人さんが戻るのを待って、店を出ました。


画像



この日、彼女たちの一番の記憶に残ったのは、スカイツリーの高さでもなく、エレベータの速さでもなく、夜景の美しさでもなく、この寿司屋での楽しい思い出のような気がします。


旅は人。

シチリアに旅すると、毎回思うこの言葉。

日本でこの言葉を思うこと、感慨深く。


"東京スカイツリー、寿司。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: