春のおうち夜ごはん。

最近、家ごはんの記事が無かったなと。

記事にはしていませんが、当然のことながら、、、ちゃんと食べてます。

たくさん たべてます。
おいしく たべてます。
おいしく のんでます。
しゃしん とってます。

先日の「春は貝」もそうですが、この時期にしか出ない食材を堪能。


昨夜のメインはこれ。料理としては前菜ですが。

ブラッドオレンジとモッツァレラチーズのサラダ。

aranciaemozza.jpg

ブラッドオレンジはこの時期だけ。見掛けたら必ず買います。
お気に入りの食べ方は、数年前のオリーブオイルセミナーでコラボ頂いた、メゼババの高山シェフの料理。

ブラッドオレンジの白い皮を残しつつむいて、スライス。
その上に美味しいモッツァレラチーズを乗せ、ピスタチオを砕き、ミントをちぎる。
けれど、ピスタチオの美味しいのが無かったので、他のナッツをローストして代用。
aranciaemozza2.jpg

塩とオイルはシチリアを。オイルはたっぷり。食べながら追加の無限オイル。(笑)


前菜もうひとつ。
平茸のトリフォラーティ

hiratake02.jpg

イタリアンが好きな人でもちょっと耳慣れない料理名かも。
要は、キノコを香り高く仕上げ、使っていないにも関わらずトリフを感じさせるようなキノコ料理です。

舞茸でやってみたり、椎茸でやってみたりしましたが、今の所、平茸が一番。
ほんと美味しくて、あっという間に食べてしまう。

hiratake01.jpg

平茸は近隣の生産者のもの。
駅構内のスーパーの地元野菜コーナーにこの時期出てました。
これまた見ると買ってしまう。(笑)


opinel01.jpg

そして、そして、、、ようやく出番が来ました。
オピネルのマッシュルームナイフ♡

一昨年、パリで買ったもの。

オピネル好きだから、つい買ってしまったけれど一体いつ出番が来るんだろう、、、と思っていましたが。
数か月前の球根の色を忘れても、これがあることは、忘れてませんでしたね。(笑)

砂や土が裏側に微妙についていて、それをこのブラシで落とします。
さすが、専用だけあり、ブラシの強度が絶妙。


そして、先日も記事にした春の貝。

capesante03.jpg

こんな風にオーブンの天板にぎっしり並べて。
プリモ(炭水化物系)とセコンド(肉魚系)を兼ねてます。

だから、パン粉も美味しいものをたっぷり使って。
いつも作るので、ハーブパン粉は多めに作って冷凍庫に常備。

帆立はイタリアンパセリですが、鰯や鯵、鯖用には、シチリアのオリーガノを使います。

そしてオイルもたっぷりと掛けて、オーブンへ。


capesante04.jpg

こんな感じ。

そして先日の記事のように、毎回、帆立タワーを作成。(笑)

帆立の貝殻って水を綺麗にするんですってね。

これだけたくさん貝殻出るのだから、綺麗に洗って、いつものウォーキングコースの川に撒こうか。。。
いや、ゴミを捨てていると勘違いされるよね、きっと。
でも、指摘されたら、ちゃんと説明すればいいのかな。
いや、でも不法投棄かな。


ま、それはおいといて。


先日、ランチ後に寄った駒澤大学の pizzeria da peppe NAPOLI STA’CA"

オーナーのピッツァイオーロ(ピッツァ職人)ペッペとは友人、、、とまでは行かないけれど、顔見知りなので食系のイベントで会えば結構お話します。
彼は日本語がずいぶん上手なので、日伊語を混ぜながら。最初は日本語が多いのですが、だんだんイタリア語にシフト。
ここのところ、イタリア語を話す機会も少ないので、イタリア語を話せてなんだか嬉しい♪


本当は食後のワインでも、、、と思っていたのですが、ピッツァ1枚買って帰ることにしました。

お腹はいっぱいなので、持ち帰ってもすぐには食べませんが、ペッペのピッツァならば、冷めても温めれば絶対美味しいはず。と思って。

pizzadapepe.jpg

やっぱり美味しかった♡
大きいので、半分に切って、ガスレンジのグリルの弱火で5分。

間違ってもレンジで温めてはダメ。オーブンも時間掛かり過ぎ。
グリルかトースターがお勧め。トースターの場合は、先に庫内を温めると尚良いかと。

ペッペはとっても真面目。上記リンクのサイトの「ストーリー」ってところを読んで頂いても分かるかと。

イタリア人ていい加減ってイメージを持っている人が多いけれど、決してそんなことは無く、仕事に非常にまじめ。
夏のトラーパニでも何度か思ったけれど、夜1時過ぎまで遊んでるから、この人明日は仕事休みなのかな、って思うと翌朝早く、出勤途中のその人と会ったりする。

いい加減、でなく、良い加減なんですよね。
良く遊び、良く働き、良くパートナーに尽くす。

ま、でも日本人と決定的に違うところが。それは体力。

イタリアに行く度に、イタリア人の体力とパワーに感心します。

体力が無い日本人は、遊び過ぎちゃうと仕事にならないから、力配分がどうしても仕事中心。


あれ、食記事から離れちゃいましたね。
ペッペの話からだ。(笑)

お近くの方は是非行ってください。
ステイホームのこの時期、田園都市線の方は途中下車して買って帰ってもいいかと。駒澤大学駅から徒歩1分ですから。

私なんて2回乗り換えしても買って帰りましたからね。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント