梅雨の夕空いろいろ。

あっという間に7月が終わってしまいますね。

ようやく長い梅雨が明けそうです。今年も雨の被害が多いですね。この後もまだまだ被害が出そう。


家時間が長くなると決まった4月に、決めた事がありました。晴れの日三か条。


一、朝は6時に起きる。
二、1時間歩く。
三、テラスし過ぎない。

結局、三は変更しました。「し過ぎない」⇒「存分にする」、、、そう、正反対です。(笑)

でも、変更してよかった。
テラス日和なんて、実のところ本当に少ないのです。まずは雨で無いこと。そして、風が無いことも条件。
強風だとテラスにはいられません。

降水確率と同じくらい風予測をチェックしてました。

6月中旬から7月は雨ばかり。

7月の日照時間は過去最低記録を更新しそうですね。


7月中旬くらいまでは朝と夕方は雨が止んでいることもあり、家に居る日は夕暮れ空を見る事が日課でした。


cielo19.jpg

雨を降らせる鈍色の近くの雲と、遠くの夕日に色付いた淡紅藤色と虹色の雲。




cielo12.jpg

大きな鳳凰が飛んでいるかのよう。ふっと消えそうだけれど。




cielo11.jpg

種々の雲が重なる、梅雨らしい夕空。




cielo20.jpg

この日は紅色系でなく、橙色系。白雲が柑子色に光る。



毎日、毎日、違う夕暮れ空。

あっという間に変わってしまいます。キッチンで料理をしていて、西の窓がピンクになっているのに気づき、慌ててカメラを持ってテラスへ。

撮れたり、撮れなかったり。



cielo14.jpg

この空も良いなあ。水墨画のようだけど、雲の端がうっすらと柑子色。





cielo16.jpg

灰青から墨色まで。濃淡に見とれる。




cielo13.jpg

風が強かった日。




cielo23.jpg

そのまま暮れるのかと思いきや、夏であることを思い出させる強烈な光。




cielo22.jpg

前の写真の後のようですが、実はその直前に撮った写真。



cielo24.jpg

これがこの日の最後の写真。




cielo26.jpg


cielo27.jpg

この2枚は同じ時。

横か縦かで切り取りが違うから別に見えるけれど、下部の薄香色の透明感は同じ。




cielo21.jpg

こうして西の空の全面が色付くと、キッチンに居てもすぐわかるんだけど。





cielo29.jpg

でも、こういうピンポイントの色は、気付きにくい。
流石に、空ばかり見ていられないので。(笑)

雲の立体感が際立って、美しいなぁ。




cielo32.jpg

この写真もお気に入り。7月上旬の18時。

輝く白磁から、鈍い消炭色。
紅碧から、青藍。


cielo33.jpg

同じ日の18時45分。




cielo34.jpg

そして、19時。



こうして見ると良く撮ったなぁ。

もちろん、もっと沢山写真はあって。その中からのお気に入りの抜粋でした。


関東の梅雨明け。

明日かな、明後日かな。


待ち遠しい。


早く、テラスのテラコッタタイルの手入れをしたい。切望。(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • だいぼー

    上から14枚目(下から4枚目)
    フレスコ画のようで美しい。
    2020年08月03日 22:33