2019冬旅~パリ。雑貨。

パリにはお洒落な雑貨のお店がいっぱい。

もっとちゃんと調べておけば良かったと、後悔していることの一つ。

おうち時間たっぷりの今、手持ちの雑誌を見ていると、パリの雑貨店の情報がたくさん。。。あー、残念。


友人のアドバイスがあり、有名どころに一か所だけ行きました。

merci01.jpg

Merci


大通りに面した建物がくりぬかれたようなアーチを抜けると、中庭を擁したコの字型の2階建てが。

「家」のような雰囲気です。


洋服、インテリア、キッチンなどの雑貨と、カフェも併設。


当然ながら、まずはキッチンウェアやリネンのコーナーへ。


可愛いカフェオレボウルがあったらなぁ~なんてここでも思いましたが、それは無く。

お決まり(笑)の、リネンを。


lino01.jpg

下の2枚がそうです。

モスグリーンと、グレー。
これにストライプが入っています。

グレーは2月のオリーブオイルカフェ&マーケットで販売してしまったので、、、ちょっと後悔。

手元にはグリーンのみ残っています。


そして、これ。

redeker01.jpg

レデッカーの毛バタキ。



今は黒を使っているのですが、やはり数年使っていると毛が抜けていきます。

redeker03.jpg


せっかく?なので白を。

redeker04.jpg

インテリアにもなるしね~♪



redeker02.jpg

ディティールもちゃんとしてる。


他には、ちょうどシーズンだったので、クリスマスツリー用のLEDコードライトを。

コードが細くて、ブラウンなの。素敵。

今年の冬に使います。





店内にはヨーロッパ人より、アジア人が沢山いて、買い物していました。

主に中国と韓国。


中国の人たちはグループで買い出しのように大量買い。

韓国の人たちはカップルで、一つ一つ一緒に見てる。

そのカップルの様子が可愛い。

オッパァ、さっきのとこれと、どう?と女性。
うーん、どっちもいいかな。でもきみが気に入った方で。と男性。

日本男性はスルーが多いけれど、韓国男性はちゃんと答えるのね~。

注:韓国語は推測です。(笑)



買い物と人間観察の後は、お茶。

併設のカフェで。


一見、満席で待ちそうな感じだったけど、意外と回転が良く。

タイミングよく窓際の席に。

merci03.jpg

エントランスのFIAT 500の裏側。

見ていると、写真を撮る人たちが次々と。




反対側の壁には本が。

merci02.jpg


通路の脇なのに、とっても居心地がよくて、のんびりお茶しました。

もう夕方だったので、温かいハーブティーを。



滞在中、カフェには何度か入りましたが、雰囲気がヨーロッパでもイタリアと全く違いますね。

イタリアのカフェと言ったら、バール。

ここは、一人の時間を楽しむためでなく、友人や家族とおしゃべりする場所。

行きつけのバールをみんな持っているので、座っていても、知り合いを見つけると立ってしゃべったり、ハグしたり。

落ち着きません。(笑)



でも、パリのカフェは、しんとしてる。

他民族国家ゆえか、他人に干渉しない。イタリアのように、ジロジロ見られたりしません。(笑)


大人がゆったりと過ごすならば、断然パリのカフェですね。




もう少し、雑貨のお話を。

Merciを目指して歩いている途中、好みの雑貨店を発見。


そこでも少し買い物しました。

大好きなブランド、オピネルのナイフ。

opinel02.jpg

何故このカーブかというと、、、



opinel03.jpg

マッシュルームナイフなので。(笑)



opinel01.jpg

右端のブラシで、土を払う。

で、カーブのついた刃でくるりと軸を切る。

のだと、思う。(笑)




マッシュルームは大好きで、新鮮なものを見つけたら即買い。

スライスしてサラダに入れます。

翌々日くらいからは、オムレツに入れたり。


オピネルのナイフ、もう一つ買いました。

これはシンプルなペディナイフ。

果物を切ったり、ちょっとした細かいものを切る為に。

これが、大正解。

すっごく良く切れる。


パンを焼くときに、切れ込みを入れるのに使えるくらい良く切れる。



マッシュルームナイフの使い勝手?

まぁ、それはね。それとして。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント