2019冬旅~パリ。食その2。

タルタルと並んで美味しかったのは、チュイルリー公園のクリスマスマーケットで食べたソーセージ&マッシュポテト。
paris11.jpg
これ、ほんと美味しかった!

ソーセージに入っているハーブの香りと、焦げ目の芳ばしさ。
イタリアのサルシッチャのハーブと違うんです。香り高いというか、香りがフローラル系。

そこに甘いジャガイモと、これまた甘くなるまで炒めた玉葱が混ざっていて。
考えてみれば、パリ滞在中にイモばかり食べてましたね。美味しいんだもの。

ソーセージの塩気とジャガイモの甘味で、エンドレス(笑)

手に取った時、ずっしりとしていたこれ、あっと言う間に食べてしまった。


お供はホットワイン。
paris13.jpg
滞在中3回飲みましたが、ここのが一番美味でした。


サンタクロースのような店主が、にこやかでとっても良い雰囲気。
paris12.jpg



パリ記事の最初の方で何度もお話していますが、スト中でしたので、とにかく歩きました。
しかも、夕方早い時間に少ない地下鉄も止まってしまいますので、タクシーは奪い合い。

そんなわけで、無理せずに夜はホテルのお部屋で。

最初の夜はホテルの下のバーで夕食。味がとにかく濃くて、食べきれず。


翌夜は、食事はお総菜屋で、ワインはワインショップで。

クスクスサラダ。タコと野菜のマリネ。アーティチョークのオイル漬け。
PVia02.jpg
このクスクスサラダが美味しかった。
クスクスよりもご覧のとおりパセリ中心。



ずーっと昔、その昔。
ニューカレドニアに行った時、乗馬トレッキングの体験をしたのですが、BBQランチ付きでした。
お肉の印象は全く残ってないのですが、クスクスサラダがとっても美味しくて、それから何度も自宅で作っています。

でも、今回のクスクスサラダ、どの店を覗いてもこんな感じで緑。
有名デパートの地下でもクスクスサラダを買いましたが、近所のお総菜屋のほうが美味でした。



ワインは、せっかくなのでシャンパーニュ。デパートの地下でソムリエさんのアドバイスを受けながら。
PVia03.jpg

最近お気に入りの品種、ピノムニエ。これは100%だそう。意外と100%は少なかった。



別の日の夕食。
確か、ランチを食べ過ぎて簡単にしようと思い、これまたホテルから徒歩圏の蕎麦粉のガレットの店へ。

PVia01.jpg
美味しかった~♪
実は途中でちょっと齧った。(笑)


このシャンパーニュも美味しかった♪
PVia05.jpg


ボトルがお洒落よね。
王冠&コルクも持ち帰りました。こんな空色って少ないよね。



パン。

美味しいクロワッサンを食べる!

っていうのは当たり前のように出来ると思っていたのですが、残念ながら今回は食べられませんでした。

代わりに、美味しかったリンゴのタルトパン。
pvia04.jpg


お散歩中に、夫婦らしき2人連れがパンを食べながら歩いてくるのが、遠くから見えました。そう、ローガンなので遠くはよく見える。

そしたら、彼らがくるりと引き返す。

何かと思えば、そのパンを買った店に引き返している様子。

お、これは美味しいから追加購入なんだ!

と、思い、もちろん私も入る。(笑)


なんか、仰々しい感じのパン屋でした。いえ、店構えがということではなく、高いカウンターにキャッシャーがあって店員が睥睨している感じ。

美味しかったからヨシとしよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント