田舎の夏

東京地方は8月に入ってから、もうずーーーーっと天気が悪く。

ほぼ毎日雨。

降っていないとしても、厚い雲。

太陽の光を気持ち良く浴びたのは、プールに泳ぎに行った8月の2週目と、先日の記事のおうちバカンスの日。この二回だけなんです。

海外バカンスをしなかったことを何度後悔したことか。(笑)




ようやく、本当にようやく、本物の夏を感じたのは昨日の朝。


田舎で。

画像



いつものように朝は散歩から。


前日の凄まじいほどの雷雨の為に、大地も何もかもが湿っています。


水田の間を散歩したから、尚更。


太陽と共に蒸気が上がるほどの湿気。


サウナの中にいるような蒸し暑さ。


でも、久しぶりの太陽とこの蒸し暑さ。そして、夏の香りが嬉しくて~♪


画像



甘い香り。畳に使うイグサに甘い香りが混じったような香りです。

これは、稲の花の香り。


この香りを嗅ぐと、田舎の夏だなぁ~。と。


あ、手前のは違いますよ。雑草。猫じゃらし、とこのあたりでは呼びますが。






そんな田舎の夏の散歩ですが、昨日はもう一つ目的が。


畑でわさわさ茂っているローリエを伐る事。

画像




いつもこのローリエを料理に使ったり、セミナーのお土産にしたりしています。


もう底を尽きまして。


今回の帰省のマストでした。



高枝切り鋏を携えて、散歩へ。

車で行けばいいのですけどね~。
運動不足が続いていますし、荷物があっても、帰りにきっとローリエで重いだろうけれど、それでも歩いて。





この湿度に汗が文字通り、滝のように流れます。


綺麗な葉は、上の方にあるので、悪い足場を気にしつつも上を上を。

ローリエからしたたる昨夜の雨の滴を楽しみながら。


あっという間に、一抱え分、伐れました。

画像



長い枝で1.5mくらい。

これ持って歩けるかな。。。とちょっと心配しつつ。





束ねる紐などは持参していません。

そのあたりに、葛が、これまたわさわさ自生しています。これを鋏で切り、ぐるりと束ねます。

とても強い繊維質なので、ぐいっと縛っても切れません。



画像




葛(くず)は、この地方の名産でもあります。


繊維を布に織る、葛布。「かっぷ」と読みます。


又は、葛を粉にして、お湯で溶いて飲む葛湯。


子供の頃はこの甘いドロドロした葛湯を冬に飲むのが好きでした。


丁度今の季節、紫の穂のような花を咲かせます。藤の花に似た良い香りです。そういえば、形状も、藤の花が小さくなって、上下が反対になったようなピラミッド型です。


写真、撮ってくれば良かったなあ。



そして、綺麗な葉だけを切り取り、洗い。。。。

画像





これを乾燥させます。


当分、ローリエには不自由しません♪

料理にたっぷり使いますし、ホームセミナーのお土産にもしようかな♪



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • MONTA

    ワイルドなローリエ収穫ですねぇ。
    僕ならば入れる袋等々準備してからしか出かけないでしょう。
    それにしても関東は天候不順が続いてますねぇ。
    お陰で夏野菜の値段も上がっている印象です。
    2017年08月22日 07:10
  • MONTAさんへ。

    一瞬、ビニール袋、、、と思いましたが、枝ごとでは当然入りませんので。
    ゆさゆさと両手で抱えて帰りました。(笑)
    本当に野菜が高騰してますね。
    今週から関東では晴れといいますが、にわか雨や雷雨がありそうです。
    2017年08月22日 08:48

この記事へのトラックバック