ちまちまと。でも美味し♪

色々あったけれど、、、、

いや、色々って雹と猛暑だけですが。(笑)


画像



菜園、少しずつですが収穫できています。


ストリードーロ。

イタリア野菜です。初めて聞く名前でした。

種の袋の説明を読み、苦味があって、サラダで食べられて。。。という事で、蒔いてみたのが春先。


ところがその種の袋をなくしてしまい、「はて、何という野菜だったか。。。」の状態に。(笑)



発芽も生育もルッコラ等に比べればゆっくり目。

生育したところで画像をネット検索して、名前が分かりました。



FBに投稿したら、即反応があったのが例のフルラン・シェフの方たち。

目黒の「ベッリターリア」の井上シェフと、麻布十番の「ラ・パスタイオーネ」の米永シェフ。


「スクルービットですね!!」と。


フリウリ地方では、これはスクルービットと呼ばれているらしい。

調べてみると、イタリア全土で採れる野菜らしい。


日本同様イタリアも、土地が変わると呼び名も変わり。


ちょうどベッリターリアで食事会の予定があったので、その際に持参して調理して頂きました。

フリッタータと呼ばれる、イタリアのオムレツ。



それ以来、この野菜のオムレツが我が家の定番に。

そう、あの雹で一旦は地面に叩き付けられてしまい、もうダメかと思ったのですが、それはやはり強い野菜でした。



見ての通り、雑草っぽいですものね。

ほんと、知らなければ、絶対雑草だと思って抜いてしまうと思う。(笑)


画像



話は戻り、朝食のオムレツ。

今朝は、菜園のアスパラも一緒に入れました。

フライパンでアスパラとストリードーロを軽く炒めてからオムレツに。


生卵、半熟卵、温泉卵、、、が苦手な私は、オムレツはご覧の通りの固め。(笑)


これに、トマトを刻んで乗せるのが好きです。

トマトを刻んで塩とコショウ、そしてもちろんオリーブオイル♪

オリーブオイルはトマトと相性が良い品種を選びます。今日は、シチリアのトラーパニのオイル。


温かいオムレツに、冷たいトマト。これがいいんです♪

一気に掛けずに、食べる分だけ少しずつ掛けながら頂きます。


少しずつなのは収穫も。

アスパラは1週間に1~2本程度の収穫。

ストリードーロも茎は結構芯があって口に残るので、葉だけを摘んで使います。

ということで、ざくざくと切ったり使ったり出来ず、チマチマと。


でも、こうして朝食分だけならば十分ですし、そのチマチマ感もなんだか楽しいです♪



定番と言えば、このクロスもすっかり定番になりました。

白と黒はもともと大好きな組み合わせ。

我が家のデンマーク出身のテーブルとも相性が良く。

あれ?もしかしたら、このクロスのこと、記事にしていない!



次回は久しぶりに布の記事にしまーす♪

テーブルリネンやエプロンやパジャマや。

なんたって、布大臣なので。(笑)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • smile

    「ストリドーロ」
    初めて聞きました。
    お味はどんな感じなのでしょうか?

    調べてみましたら、
    イタリア以外ではあまり見かけることのない
    イタリア伝統的野菜だそうですね。
    2014年08月09日 15:32
  • smileさんへ。

    あ、肝心のお味の感想を述べるのを忘れてました!!

    生だとかなり苦味が強いです。
    加熱すると、少し粘り出ます。苦みも少し残ります。
    そうですね~、食感だけならば、空芯菜の上の部分、、、が一番近いかもしれません。
    でもこの絶妙な苦み、何とも言えず美味しいです。
    2014年08月10日 15:12

この記事へのトラックバック