心の宴【石巻市雄勝の帆立と共に】

「石巻市雄勝のホタテ漁と試食の会」に参加したのは、3/1のこと。その美味しさに感動!
すぐに思いました。美味しい帆立を食べて、それが東北の支援になるなんて、「心の宴」にうってつけ♪

画像


宮城県石巻市の雄勝町は皆さんもご承知の通り、津波の大きな被害を受けた土地。
そこで復興しようと頑張っている漁師さんがいます。

漁師の青木さん。
彼から直送された帆立と、そして若芽。当日の朝届きました!

帆立60個と、若芽1Kg
帆立は本当に新鮮で、生きてます。ゴソゴソと動いてます~。(笑)
磯の香りの若芽もプリップリ。

画像


雄勝湾は、山に囲まれています。このエリアは雨も多いのだそうです。

山から海に流れてくる、ミネラルたっぷりの水が雄勝の海を満たします。そして、その地形の特徴から海の水が回流するそうなのです。
こうした環境の下、帆立が旨みを増すのです。

一眼レフカメラと同じくらい大きい帆立。

大きいから大味?
とーんでも無い!甘み、旨み。。。本当に美味しいのです!
今は、産卵前で帆立が大きくなっている時期。一年で一番美味しい時期なのです。

こんな素晴らしい帆立は、シンプルに焼くのが一番♪

ですが、ひとり4~5個くらい食べるのにそれでは飽きてしまう。。。

ということで、シェフのアイディアをお借りして他にも。

そして、タイミングよく、静岡の実家から筍などの山菜も送って貰えました。

春の海山幸の贅沢な宴となりました☆


先ずは若芽の下ごしらえ。
葉先と、茎、めかぶの3パーツに分けてからお湯にくぐらせると・・・
画像


美しい緑に☆
画像

茎は甘辛く煮て、めかぶは叩いてポン酢で。
いやー、美味しかった~。

「帆立のカルパッチョと、若芽の和風サラダ」
画像

帆立、旨い!としか、言いようが無い。残念だ、表現力の乏しさ。。。


「帆立のサラダ」
画像

カンブーザの洲脇シェフからアイディアを頂きました。
うーん、これはやはりシェフ自身に作って頂きたかったですね~


「帆立と春の豆のパッケリ」
画像

これまたカンブーザで頂いたパスタを真似っこ。(笑)
大量ですし、豆も色も変わってしまい、見た目はいまいちですが、私自身は、昨日これが一番美味しく出来たかと。。。
帆立の出汁、た~っぷり使ってますから♪



「静岡の山の筍と蕨と若芽」
写真を撮れなかったけど、これもテッパン。掘りたてをすぐにあく抜きした筍は甘くて柔らか~い。大好きなも蕨。
そして、雄勝の若芽。
美味しくないわけがなく!(笑)



「若芽のサラダ~洋風」
画像


その他に、梅おこわなど。ちょっと水加減失敗で柔らかかったけど。(笑)

他にも作ったのですが、何せ、とにかく忙しくてろくに写真を撮れませんでした。

14時に始まった宴。最終的には11人に。

帆立焼きに追われてましたので。(笑)


60個オーダーしたこの帆立。

宴中に食べたのは、なんと54個!
これをほぼ一人で殻を外したのですから、それはもう大変。

想像して下さい。生きていて、大きい貝柱で、ガッチリと閉じているわけです。
それをこじ開けるのには、力とコツが。

今朝起きて、腕がなんだか痛い。。。帆立開け過ぎで、筋肉痛です。(笑)


石巻市雄勝町の帆立を食す心の宴。
今回も美味しく楽しいひと時でした。

そして、楽しいだけでなく、考えさせられる宴でもありました。


この石巻市雄勝のように、主要流通経路から遠く離れている遠隔地の農産・水産物を、生産者にきちんと利益を還元させる形で流通させていくことは難しいと思います。

「宅急便で送ればいい」
なんて思ってしまいますが、近くに営業所はないのです。クール便を呼んで送る。
当然、割高に。
大規模な漁業組合等が無ければ、なかなか販路を確保することは難しいと思います。

さもなければ、中間業者に大きくマージンを取られ、生産者の利益はガクッと減ってしまう。
そうでなくても、若者が離れ過疎化が進んでいた町。
働き手も販売するルートも無く、廃業。

こんな悪循環は雄勝だけではないと思います。日本全国にあるはずです。

被災地ということで、今回、この場所を知りましたが、他の地のことにも思いを巡らせました。
やっていけないから、止める。
そうして、日本の自給がますます減る。需要はあるのに。
TTPという文字も頭をよぎります。


今回は、生産者にもしっかりと利益を還元できるような販路を確保する為に活動している方とのコラボでした。
もともと石巻には違う形でボランティアに月に1回通ってらして、被災地の現状を見るにつけ、こうした支援の形を考えたそうです。
そして、それをご自身のビジネスにしようとこの4月から転換を測っています。
大切ですね、ビジネスにすること。ボランティアだけでは、どこからか資金が無い限り、続けることは不可能ですから。

注文サイトはこちらです。 ⇒ http://justbe.thebase.in/




話は変わりますが、筍を掘るのは重労働です。
鍬を担いで山を登るところから大変です。
斜面ですから、不安定な体制で鍬を振り、しかも筍を気づ付けないよう周りから掘らなければなりません。
掘った重い筍を背負って山から降ろすのも、これまた重労働。

それが分かっているので、山にもう筍が出ているはず・・・と思ってもなかなか頼みにくいのです。
今回、弟が掘ってくれた様子。その掘りたてを母が処理してくれて送ってくれました。

筍自体は、山を手入れすれば勝手に出てきます。
いえ、手入れが必要なので、「勝手に」とは言えませんね。
そして、掘る作業からあく抜きまで。実際に調理するまでに、本当に手が掛かっているのです。



お皿に乗って出てきたものを食べる。
スーパーでパックに入って売られているものを買って調理する。

こういう消費行動と違い、今回の食材たちはどんな経路を経てきているか、改めて「食」について考えさせられた宴でもありました。




震災後、何か出来ることが無いかと始めたこの「心の宴」も、この4月で始まって2年を迎えようとしています。
延べ50人以上の方に参加頂いています。

「ふくしまこども寄附金」に振り込んだ領収書。先日届きました。ちゃんと宛名も入れて頂きました。
Festa del cuore 心の宴。

画像


実は、これは、2012年度の後半分です。

必要とされている具体的な場所に、明確な使い方をして頂きたい・・・と、欲張った考えを持ったせいで行き先がなかなか決まらなかったのです。
これからは、欲張らないで、その時感じたところに速やかにお送りしたいと思います。


Festa del cuore 心の宴。

昨日、思いました。

今は、こうしてふくしまのこどもに送っていますが、いつか送る必要が無い日が来ると良いと。

そして、その時はまた私たちの楽しんだ気持ちの分を、その時必要としている場所に送ればいいなと。

だからずっと続けよう。

そう、思いました。



賛同して、参加して下さっている皆様。
そして、このブログを通じて応援して下さっている方々。
ありがとうございます!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • MONTA

    石巻産のホタテですか。
    美味しそうですねぇ。
    カルパッチョなどなど美味しそうですし、何と言っても泡に合いそうです。
    原発事故を懸念して東~北日本方面の農産物や海産物は控えていると言う方も居ますが、僕は時折買うようにしてます。
    (この年になると気にしても仕方無いですし)

    良い宴を継続されてますねぇ。
    今後も東北産の物を取り寄せるなどして、宴で復興支援に役立てて下さい。
    一度はお邪魔したいなぁ~と思うのですが・・・。
    2013年04月02日 18:55
  • MONTAさんへ。

    後悔の一つは、もっと皆さんに刺身で食べて頂けばよかったということ。
    やはり2枚貝ですので、遠慮がありました。スーパーの貝とは訳が違うのだから、刺身やカルパッチョで沢山お出しすれば良かった~

    実は参加者の中にドクターがいらして。この貝の汚染について真っ向から質問してました。
    で、帆立を紹介して下さった方も参加していたのですが、その方がまたこの質問に真摯に正面から答えていらして。
    残念ながら私はキッチンに居たので、ちゃんと聞けなかったのですが。
    初めましての自己紹介が終わり、本当に宴のしょっぱなだったので、ちょっと場がシーンとした感じになったのですが、こうして目をそむけがちなことから目をそらさず、きちんと向き合う事、大切ですよね。
    「支援」とはきれいごとだけですみませんから。
    そんなこともあり、改めて食に対して真剣に考える機会でした。

    この日は正直に言って、今までの宴で一番疲れました。
    慣れない食材ということ、朝から夜まで文字通りキッチンに立ちっぱなしだったこと。
    終わってもうヘトヘトでした。
    パートナーに言われました。「なんでこんなに疲れるまでやるの?」と。
    確かに。(笑)
    宴は以前はただ楽しいからやっているだけでしたが、今では違う意味合いも持っています。
    「これが私の支援だから」と答えると彼は納得していました。
    彼も本当によく手伝ってくれて。有難いことです。

    MONTAさんもいつか、いらして下さいね☆
    2013年04月02日 23:55
  • CHAR

    美味しく楽しく、そして支援にもつながる機会をありがとうございました。
    筋肉痛・・・すまんっ!
    しかし、ダーリンは本当にいいパートナーだわ~。
    宴参加者のカワイ子ちゃんたちにとっていい見本お手本となっているお二人だと思います。

    食材使用の支援は子供参加者のないときに、ですね。
    2013年04月03日 12:47
  • CHARさんへ。

    こちらこそ、いつも忙しいのにご参加ありがとうございます!
    まさかの筋肉痛でした。彼ら(笑)も生きてるので、必死ですものね。そういう意味でも、「食」ってちゃんと向き合うべきものなのだとシミジミ。
    原発の影響のあるエリアの食材。。。そうですね、これもとても難しい話ですよね。
    検査機関を信じて問題ないと思うか、信用しないか、はたまた基準自体を信用しないか。
    海産物のように動く食材は水揚げの場所だけ気にしても仕方ないことですし、農作物だって種や苗がどこからきてるか分からないし、気流というものもあるし。
    私は、結局同じだなって思ってしまう人間です。
    でも、確かに気にしている人、たとえば妊婦や子供がいる場合は考えた方がいいですよね。。。でもそうしたら支援って、ますますきれいごとになってしまう気がして・・・
    難しいですね。

    うちの彼?はい、宴を催すたびに一生懸命手伝ってくれます。彼なくては開催できません。有難いです。
    私たちがお手本かは別ですけどね。(笑)
    2013年04月03日 20:03
  • choco banana

    雄勝って震災のニュースでもほとんど耳にしない町なんですよね。
    石巻市で語られてしまって…。
    こういう活動でもっと皆さんに知ってもらえたらいいですね。
    宮城は福島の隣ですから汚染の心配は当然のことだと思います。
    私が食材を買っているスーパーには宮城県産の魚介類がたくさん売られています。ま、スーパーで売られているものは検査をしているからと言っても、宮城県産は宮城県産。生産者がはっきりしてるとか、ちゃんとしたお店で売られているものは安全なんだという意識でこの地域の方々は購入していると思います。私もそうです。
    で、たまに宮崎産とか鹿児島産なんて魚があるときは、この種類の魚はこの辺のは食べられないのかなって思っています。

    帆立、ワカメ美味しそうです。
    全国の皆さんが気にせずに食べられる日が一日も早く来るよう願っています。
    2年も過ぎると皆さんの記憶も薄らいできますよね。
    準備も大変なのに頭が下がります。
    あまり無理をせず続けていってください。
    2013年04月04日 21:55
  • choco bananaさんへ。

    確かに耳にしませんね。雄勝って硯石が有名ですよね。硯石が散乱していた映像を、震災後に1,2度見ただけです。
    やはり、人が多い所に情報は集中してしまうのでしょうね。
    海の幸に関しては、陸揚げされた場所と生息していた場所が違ったりするので、産地だけを気にするのはナンセンスだと思っています。が、この帆立は養殖されていますので、気になる方は気にしますよね。
    事実、私の周囲にも選択肢があったら選ばないし、買わない。という人もいます。
    もうそれはその人の考え方次第なので、私は何も言えません。
    ただ、私は積極的に被災地の食材を買っています。苦しいことや大変なことを被災地に押し付け、福島の原発の恩恵を散々受けていた私が、福島周辺の方たちが食べているものに背を向けるというのは、卑怯な気がするからです。

    が、もし私が妊婦だったら?小さな子供がいたら?東京にいて、選択肢があるわけですから、友人と同様の選択をしているのかもしれません。
    やはりこれもその立場になってみないとわかりません。
    これが本音。正直なところです。

    こんなことも考えならが、私が今出来ることとして、流通している限り、被災地の食材を購入するし、こうした宴をしています。
    小さなことでもこうして何人もの人達が賛同してくれているわけですから、とても意義のあることだと思っています。
    chocoさんが懸念してらっしゃるように、記憶が薄らいでいきますよね。でもその一方で、全く苦しみが終わっていない人がいる。。。
    準備は確かに大変です。でも、友人たちと賑やかに宴をするのは大好きなんです。(笑)
    無理はなるべくしないようにして、これからも続けますよ~
    2013年04月06日 18:40
  • smile

    お疲れさまでした。
    ホタテを54個も一人で?
    凄い!…さすがvinoさん。
    こちら九州には東北の食材が殆どきませんが
    vinoさんの紹介していただいたサイトから
    調達できそうですね。
    2013年04月10日 12:44
  • smileさんへ。

    そうなんです、質がよくて新鮮な帆立。それを54個も。筋肉痛になるわけですよね。(笑)
    今はムール貝、牡蠣、つぶ貝などがお勧めのようですよ~♪
    何か大勢で集まる機会があったら是非~
    2013年04月12日 00:09

この記事へのトラックバック