日光東照宮、蕎麦、ピッツァ。

さて。アンジェラ日本紀行(笑)その一。

画像


先週は日光へ。
天気も良く、朝早くから夜遅くまでよく笑いました。

ほんとよく笑うし、楽しそうだよね~

とは、一日付きあってくれた我がパートナーのせりふ。


もちろんイタリア語は全く分からないのに、よく丸一日付き合ってくれました。

日光では運転手もしてくれて。

あらゆる手配も彼が。


浅草からスペーシアで。
画像


スペーシアの個室を取り、心ゆくまま大騒ぎ。(笑)

朝食もここで。

イタリアでは朝食には甘いものとコーヒーと決まっています。

一番ポピュラーなのは、コルネットと言って砂糖をまぶしたクロワッサンの中にた~っぷりとジャムやクリームが入ってるもの。
もしくは、ペストリー。こちらにも、た~っぷりと砂糖やらチョコやらがまぶされています。


という事で、彼女たちにはペストリー。と、中にマジパンが入っている甘いタルトっぽいパンを買っていきました。
絶対自分では食べないような甘い系を選んで。
とーっても好評でした。

飲み物は浅草駅のタリーズで。
お砂糖一つとっても、真剣に選ぶ彼ら。眉間にしわまで寄せて、どれがシュガーレスか選ぶ。
うーん、あれだけ甘い物摂取しておきながら。。。(笑)




車窓を見ながらいろんな話をしていると・・・空がなんだか暗くなり、煙が。

画像


ちょうど、利根川の葦焼きをしていました。

初めて見ましたが、随分広範囲で焼くのですね。空一面が暗くなるほど。


で、彼女たちは火事だ~と大騒ぎ。

そう、昨年夏のシチリアの山火事を当然思い出して、あの時の話で盛り上がり。(笑)
こちらの記事で ⇒  Trapani2012~火事だぁ!~





到着した日光。とても暖かく、東照宮もゆっくり見られました。

久し振りの東照宮でしたが、今回は説明しなければならなかったので事前にプチお勉強。
ためになりました。
知っているようで知らなかった東照宮のこと。

画像


それにしても、イタリア語で説明するのは非常に大変でした。

過去形も昨日や20年前の過去の活用と、江戸時代のことを言う活用は違うし、何より単語、特に名詞が。
普段使う事がない言葉ばかりで、しどろもどろ。

というより、ほとんど話せない~。(苦笑)

彼女たちの理解力に助けられましたが、それでも本当に通じていたかは怪しい。

せっかく日光まで連れて行ったのだから、歴史や背景、建築についてもっときちんと勉強するべきだったと、深く反省。

画像






反省しても、お腹は空く。(笑)

地元客でにぎわう手打ち蕎麦屋。日光をよく知る方からのおすすめの店。
懐かしい感じのお店でした。

日本食が大好きなアントネッラは大喜び。

画像


特に、「○○御膳」なんていうスタイルのメニューに興奮。(笑)
こんなのミラノには無ーいと。

あ、そうだ、アントネッラはアンジェラのお姉さん。

今回の旅、アンジェラにアントネッラ、そしてサルボことサルバトーレの3人で日本に来ているのです。

サルボは例の山火事の中を運転した人。

蕎麦。

3人ともとても気に入った様子。特にアントネッラは上手に箸を使って蕎麦を食べます。
もちろん、全く音を立てずに。(笑)

日本では音を立てていいんだよ。と教えるとアンジェラはちょっと音を立ててみますが、やはり落ち着かない様子。

そう、この「音」。この音は彼女たちヨーロッパ人にとっては、かなりNGな音。
鼻をズーッとすするのも同じくNG。

私たちにとっては、お○○と同じくらいNGなんです。きゃ~!(笑)
だから人前で音を立てて食べ物をすするなんてことは、していいよ、と言ってもそう簡単にできることではありません。

蕎麦美味しかったと、口々に。

だけど・・・本当はつゆが気に入ったのではないかと推測。
結構濃い味が好きですからね~。




この後は田母沢御用邸公園に。

画像


ここは初めて行きましたが、なかなか楽しく見学できました。
お庭も良くて。

画像


樹齢400年の枝垂桜、これが咲いたところを見てみたいなあ。




久し振りの日光、アンジェラたちとーっても楽しく過ごしました♪

・・・と、言いたいところですが・・・

唯一問題が。






杉花粉。(笑)


いや~、凄まじい量の花粉でした!

今こうして思い出しただけでも目がかゆくなる。。。(笑)


私は花粉症歴30年超。
もちろん「花粉症」なんて言葉が無いころからの、筋金入りです。

ここ10年ほど、楽になってきまして、この2~3年は症状も極めて軽く、もしかしたら、花粉症卒業か♪
なんて思っていたのですが・・・

この空が黄色に煙るほどの花粉には参りました~。
しかも、日光=杉だってこと、すっかり忘れていて、ノーケアで行ってしまったものだから、それはもうひどくて。


かなり脱線しましたが(笑)、良い一日でした。
って、なんだか無理してるっぽいよね、こんな飛散な、いえ、悲惨な花粉の話の後じゃね。(笑)





ってことで・・・

良い一日の締めくくりは、タランテッラ・ダ・ルイージ♪
これまた久し振りです!

画像


やっぱりここのピッツァ、寺床さんが焼くピッツァが一番好きです。

アントネッラと友人サルボは日本食が大好き。
日本食がそれほど好きではないアンジェラは、あまり食べるものがありません。

ということで、一度くらいはピッツァでも・・・と思った次第なのです。

それに、日本のナポリピッツァのクオリティの高さを知って頂きたかったんですよね~。
勝手な思いですけど。


ピッツァ、美味しい!とペロリと食べてました。

最初は、ピッツァを食べに行くというと、難色を示していたのです。そんなに食べられないからと。
なぜならば、イタリアではピッツァは一人一枚づつ食べるのが決まり。

ピッツァ以外もそうです。人とお皿をシェアすることはマナー違反なのでしません。


でも日本では予め切ってくれていて、シェアして食べるのが普通なんだよ。
そうすれば、いろんな種類食べられるでしょ。

画像


と説明したら、それは賢いスタイルだと納得してました。

でしょ~?(笑)



お腹一杯だから無理といいつつ、ドルチェはしっかり食べる流石イタリア人。

ドルチェにそう興味はない私、写真忘れ。

でも、グラッパに興味はある私、写真撮り。

画像


すっごい。数。グラッパ。

寺床さんが次々にグラッパを出してきてくれて、あれよあれよと言う間にこの通り。(笑)



サルボが言います。
「これ、テーブルに残してっちゃうの~?!イタリアだったら、即無くなるよ!」

変なところで日本人の行儀の良さに感動している。(笑)



これでこの日の一日が終わり。


早朝から、そう私は彼らのホテルに迎えに行き浅草駅に連れていったので、この日は5時起きだったのです。
で、グラッパの林の後、彼らをホテルに送り、家に着いたのは1時過ぎ。

翌日は、会社で普通に仕事。

遊びは体力が勝負ですから!


と、息巻いてみましたが。。。。
流石に疲れました。(笑)


皆様も、長い記事にお付き合い頂き疲れましたよね。(笑)
ありがとうございました~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • だいぼー

    これ一日の話、ハードだね体も胃袋も!

    イタリア人って郷に入れば陽気に郷に
    従っちゃいそうな気がするけどそうで
    もないんだ…
    2013年03月28日 02:43
  • CHAR

    素敵なアテンド出来たようですね~。
    イタリア語の勉強にもなるし、楽しそうだし、美味しそうだし、普段行かないところに行けるし!
    問題はハードってとこかな(笑)
    2013年03月28日 12:33
  • MONTA

    日光東照宮に行かれたんですか。
    確かに、由来や建物等の説明するのに、イタリア語だと大変ですねぇ。
    鳴き龍なども行かれましたか?

    そして蕎麦、蕎麦は確か体に良い筈ですので、イタリアの方にも食べて貰いたいです。
    それにしても、やはり麺を食べる時はズルズルと音をたてて食べた方が雰囲気が出ますよねぇ。
    日本人的発想ですが(^^;
    海外の人は麺を音もたてずに食べる方のが上手ですねぇ。

    そしてそして、イタリアでは一つの皿をシェアして食べる事はしないんですねぇ。
    驚きです。
    日本では『当たり前~♪』体操ですけどねぇ~。
    折角日本に来ているのですから、日本流の食べ方を満喫していただきましょう(^^。
    2013年03月28日 18:08
  • だいぼーさんへ。

    そう、一日の話。一日20時間行動。流石に疲れました~(笑)

    イタリア人は自分のスタイルは崩しませんよ~
    靴を脱ぐとか、そういうマナーはきちんと守る人達ですからそのあたりの心配はありませんでしたけど。(笑)
    2013年03月28日 22:03
  • CHARさんへ。

    その通りです。
    勉強にもなったし、いろんなところに行けたし。
    とにかく、どこで何をしていても楽しかったです♪
    で、唯一の問題はハードだってこと。(笑)
    2013年03月28日 22:04
  • MONTAさんへ。

    自分の身の回りの説明だってようやくなのに、歴史の事やら建物の事なんて無理なんですよね~。だいたい、日本語でだって説明でないし。(笑)
    鳴き龍は入ろうとしたら、「もう十分」って言われました。このあたりも正直。(笑)

    あ、家庭では別ですよ。
    大皿に盛って、それを回して銘々のお皿に取ります。
    でも、レストランではそれはしないんです。自分の分だけをそれぞれオーダーし、自分で食べるんです。
    日本での食、楽しんで頂きましたよ~
    我が家でも宴しました♪
    2013年03月28日 22:10
  • smile

    まぁ…楽しそうですこと!
    それにしても皆様タフですね。

    2013年03月31日 23:11
  • choco banana

    え~!お皿をシェアするのはマナー違反なんですね。
    ローマでの食事、一皿、一皿が多くて食べるのが大変だったのを思い出しました。
    ホント、皆さんタフですね。
    参りました(笑)
    2013年04月01日 15:56
  • smileさんへ。

    楽しかったです~♪
    花粉が無ければ、もっと楽しめたのになぁ~(笑)

    そっか、やっぱりハードすぎたかな。。
    2013年04月01日 22:11
  • choco bananaさんへ。

    レストランとかちゃんとした場所はもちろんそうです。ピッツェリアはかなりカジュアルな位置づけですが、やはり外食はそうですね。
    家庭でも大皿料理を各自の皿に取り分けますが、お互いの皿に手を伸ばすことは普通しません。これは日本もそうですよね。

    そうかぁ。皆さんにそういわれると・・・やっぱりハードすぎたんですね。。。
    2013年04月01日 22:13

この記事へのトラックバック