La Luce e Vento 〜光と風〜

アクセスカウンタ

zoom RSS バルセロナ観光その1

<<   作成日時 : 2017/11/15 20:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

昨夜はフラメンコの熱気をクールダウンするために、ホテルまで帰りは歩き。

もちろん気を付けてはいましたが、特に危険な雰囲気は無く、ホテルの部屋でゆっくりと眠り、翌朝。


夜の間に降った雨も上がり、気持ちの良い朝です♪



と、、、向こうから何やら目立つ行列が!

画像


中世の衣装をまとった方たち。

一体、何だろう〜お祭りにしては、彼らだけだし。


とりあえず、カメラには収めたい!と向けると。。。

画像


流石!

流石ラテンの男。目力が凄い。カメラのピントが負けました。(笑)

それに歩きながらのこの姿勢の美しさ。見惚れる〜


後ろにはこんな女性たちも。


昔も今も、きっとご近所の噂話なんかしながら、、、なのだろうな〜

画像



親子なのかな。こちらも視線バッチリ。

画像



映画の世界にいきなり入ってしまったような気持ちでした。

何のための衣装なのか、聞いてみればよかったな。この時は、なんだか声を掛け難い雰囲気で。


と、思ったら目の前にカーサバトリョ。ガウディの建築です。

画像






私の朝の散歩の目的は、これ。

アントニー・ガウディのサグラダ ファミリア。
私はアントニオ・ガウディと教わりましたが、今はアントニーとカタルーニャ語の呼び方をしているようです。

高いですからね、遠くからも見えます。

画像



だんだん近くなるにつれて、観光客のガヤガヤが聞こえます。

やはり朝早くから混んでます。

画像



サグラダ ファミリアは予約必須。これまた日本から予約して行きました。

画像


やはり、すごいですよね〜。首が痛くなるほど見上げ続けてしまいました。

1882年から建設し続け、現在の予想では当初の予想を大幅に早まり2026年に完成するのだそう。300年が150年に短縮されたのは、観光収入とIT技術の進化が主な理由だそう。

これだけ長く建設していると古来から大聖堂にまつわるエピソードにも事欠かず、最近では、地下鉄敷設のタイミングで、この大聖堂の建築は行政に届け出ていない、要は違法建築(笑)、だったことが分かったらしい。

もちろん、救済法が作られ違法ではなくなりましたが。



さて。エレベーターで上に登るコースを予約したのですが、残念ながらこの日はエレベーターは動かず。
昨夜の雨が理由と説明されました。

こんな風にエレベーターは雨や風ですぐに中止になるようです。
中止の場合は、購入に使用したクレジットカード口座にエレベーター分の金額がバックされるとのこと。

どんな名前で入ってくるか、カード明細が楽しみです。(笑)


エレベーターは残念でしたが、音声ガイドを聴きながら、ゆっくりと内部を見学しました。
音声ガイドもとても聞きやすく、ちゃんとした日本語でした。

画像


森を表す大聖堂の内部。

そう説明されると、柱が樹に見えてきます。ジブリのアニメの地下の森みたいです。

画像


これまた首が痛くなるほど、上を見上げながら。

画像




画像


生誕のファサードから入って、左右のステンドグラス。
色合いが左右で違います。太陽の光を計算してとのことだそう。


画像


受難のファサード側。

装飾=肉をはいだ、骨をイメージしているとのこと。

華美な生誕と違い、痛々しい印象。磔にされたイエスの痛みが伝わってくるようです。

ここも、内部の美しさとはまた違った意味で、なんだか目を離すことができませんでした。その場にしばし立ち尽くしてしまいました。



とは言っても、お腹がすいてきてしまって、、、(笑)

これまたスペイン通の友人からおすすめされた市場に向かいます。


サンタ・カテリーナ市場。

ランブラス通りにあるボケリア市場が最も有名で大きいようですが、友人が勧めるここへ。
観光客よりも地元の買い物客が多い市場です。


次の記事で!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
サグラダ ファミリアの中ってこんな感じだったんですね…外と同じで赤っぽい石、石、石ぃ〜だと思ってました。
だいぼー
2017/11/16 10:57
中は、白とアイボリー中心で、グレーが少し。とても柔らかいイメージです。
柱がもちろん沢山あるのですが、支えるべき物と場所によって素材を変えているそうです。
砂岩、花崗岩、玄武岩など。
だいぼーさんへ。
2017/11/16 18:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
バルセロナ観光その1 La Luce e Vento 〜光と風〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる