La Luce e Vento 〜光と風〜

アクセスカウンタ

zoom RSS バスケット♪

<<   作成日時 : 2017/06/12 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

木のカゴ。

画像


どうしてこうした天然素材のカゴに、こんなに魅かれるんでしょうね〜


先日の記事の最後の方に、「&プレミアム」という雑誌の7月号をテラスで読んでいる写真をUPしていますが、
いえ、正確にはガーデンテーブルに置いてある写真ですが、、、


7月号の特集は、「キッチンと道具。」




これはもう買わずにはいられないでしょ。


断捨離、、、をゆる〜く目指してますが、ゆるすぎて目指せてないのも同然ではありますが(笑)、雑誌こそ買ってはいけない物の代表選手。

なぜならば、そう何度も読み返すわけでもないのに、捨てられないんです。

だから、買えばたまる一方。



でも、「キッチンと道具。」ですからね〜


買っちゃいました。


読み応えというか、見ごたえありました。

キッチンというのは、日々使う場所ですから、使い勝手は快適にしておきたいし、食の場所ですから清潔にもしておきたい。

道具類も使い勝手が良く、且つ、見ていて心地良い物が良い。


そんな風に日々思ってます。


だから、取材されている人たちのそれぞれのキッチンの様子をそれはもう、隅から隅まで。(笑)

私のキッチンは、窓付きで明るいとは言え、狭いです。ファミマですからね〜

ファミマ=ファミリーマンション。

にもかかわらず、ここで料理レッスンしてしまっているわけですが。


まあ、とにかく、物は増やせません。

増やすんだったら捨てなくてはスペースが無いのです。


断捨離だよね〜、やっぱり。。。(笑)




いや、今回のテーマは断捨離ではなく、バスケット♪


画像


随分脱線前置きが長かったですが、カゴ、それも良くできた手仕事のカゴには本当に見惚れます。


うっとりしてしまいます。

もちろん触っても手触りは良いし。

そして、何よりも香りが良い!

木の甘い香り、竹の爽やかな香り、水草の香ばしい香り。
どれもが、山や川や野を思い出させ、良い気分になります。



どの国のどの素材、、、というこだわりはありません。

ただ、本物のカゴが好き♡


荷物を入れて運ぶためのの「本物のカゴ」は、作りがしっかりしているのに、軽い。

これは、どの国のカゴも共通だと思ってます。



日本のアケビ、やまぶどう、竹、柳のカゴ。

アフリカのカラフルなカゴ。

フランスのマルシェカゴ。

アジアのラタン、水草。

北欧の白樺、松。



どれもこれも、それぞれの魅力があります。昔から使われてきたカゴには機能美も。



雑誌の中のキッチンにも、カゴが一杯。

やっぱりいいよね〜

なんて思いながら見ていたのですが、、、




ひとつのカゴに一目ぼれ。


いいなぁ〜なんて思っていたら、偶然にも出掛けた先にそれを見付け♪


これはもう買いでしょ!

迷ってないで、買うなら、、、

今でしょ!(笑)



で、連れて帰ってきました。


画像



栗の木で出来ているそう。

だから固いです。でも、軽い。

この持ち手も栗。さらさらした中に、ザラッとしたところもあり、このザラサラが気持ち良い。



画像



しっかりと編まれているので、重い物も平気。

昔から、市場で野菜を入れたり、葡萄の収穫にも使われていたそう。

年月と共に、この白さが飴色に変わるらしいのですが、それも楽しみ。





もちろん固い木を曲げてのカゴですから、滑らかとはいきません。

こんな感じにささくれも。


画像



あ、2重になっているわけではありません。


2個買っちゃったんです〜(笑)

画像



それぞれのサイズの使い道を考えていて、両方買いました。

迷うことなく。





先ずは、パンにカゴとして。小さいほう。

画像


最近焼いている、300gのパンがちょうど良く収まる大きさです。

パンを入れるカゴ、ここ最近、ずっと探していたんです。丸か楕円で、手付きがいいなと。

まさに、理想のカゴです。

手付きは持ち運びにとってもいい〜♪


画像


パンを入れると、当たり前だけど空っぽな感じが、満ちて。

焼きたてのパンを入れるって、なんだか幸せを入れるって感じがします。


やっぱりカゴは物を入れてこそですね。

素敵♡

見惚れる。(笑)



もう一つの大きい方のカゴには、パン用の小麦粉を入れています。

普通の白い小麦粉、全粒粉。

1kg単位で買っているのですが、これを2袋入れても全然平気。


流石、昔から使われている実用カゴです。

パンを焼くのが益々楽しみになりました♪






初夏ですからね、こんな事もしてました。

山椒の実。

結構手が掛かります。茹でてから取ると簡単なのはわかっていますが、生で使いたいので、先に枝と軸を取っています。

画像


このカゴは、アフリカのブルキナファソのカゴ。

目が細かくて、こうした小さな物にはピッタリです。


このカゴは、パンをスライスした後にトーストし、それを盛るときにも使っています。

スマートなので、テーブルの上で邪魔になりませんし。


カゴ熱。


なんか、こう書くと本当の病名みたいですが、、、(笑)


まあ、熱が冷める気配はありません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスケット♪ La Luce e Vento 〜光と風〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる