La Luce e Vento 〜光と風〜

アクセスカウンタ

zoom RSS わらしべ長者のパスタ

<<   作成日時 : 2017/03/26 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

貧乏人のパスタ、、、なるものは、実はイタリアのメニュー名にもあります。
spaghetti del poverello 貧乏人のスパゲッティ

卵とチーズ。これはどのイタリアの家庭にもあるもので、これを使ったスハゲッティです。

でも、港の方にゆくと、今度は安くて売り物にならないような魚介を使った「貧乏人」がありますが。



で、タイトル。

「わらしべ長者のパスタ」

これはイタリアにはありません。

私が命名しました。(笑)



画像




料理を表す名というよりも、このパスタが出来たいきさつから。

日本人ならば誰でも知っている、わらしべ長者の物語。





ある、春の日。


この日は、元々の約束が3つ。

目黒のイタリアン「ベッリターリア」にお届け物と、赤坂見附の食材輸入会社でのセミナー、そして夜は「リ.カーリカ」の堤さんにもお届け物。

オイル絡みの予定ゆえ、250mlのオイルが6本、500mlが1本。
タブレットPC
茶葉200gが5袋

ざっと計算しても、オイルが4kg、PCが2kg、お茶1kg、他持ち物2kgかな。
まぁ、セミナーの時はいつもこのくらい。


10kg近い荷物を持って、よたよたと家を出る。


先ずは、注文を受けていたオイルと、井上シェフに渡すものがあり、ベッリターリアへ。
ランチを兼ねて。

目黒駅から結構あるくこの店、荷物が重いと辛い。

が、その前に難関が。


なんと、エレベーターが調整中。この荷物なのに。

そして、私の隣には大きなベビーカーと子供を連れた若いママが。


ベビーカーには3歳くらいの女の子。

抱っこ紐にはまだ6ヶ月くらいの赤ちゃん。


みんな知らん顔でドンドン通り過ぎる。

いや〜、私か?この大荷物持った私か?


仕方ない。

大きくて重い、、、そう、カッコいいベビーカーは大きい。

そして、ママたちは荷物をベビーカーの下に入れてるので非常に重い。


自分の10kgもある荷物を左肩に掛け、ズシリと重いベビーカーを右肩に掛け、、、ハァハァ言いながら階段を。


こんな大荷物を持った日に限って。。。




更によたよたしながら、店へ。

美味しいランチを食べて、ほっと一息。


そして、ここで2本オイルを置いて、少し軽く。




午後のセミナー。
輸入食材会社の社員さんに向けて。

皆さん、真剣に聞いて下さっている様子が嬉しくて、つい熱が入る。

ご質問も要望も多く、時間もオーバーしたけれど、それだけ真剣という事。



ただ、最後にお取り扱いのオイルのテイスティングと評価を頼まれてしまった。

最も避けたい事。

皆さん気軽にお願いしてくるけれど、、、

もし、そのオイルが「良い」オイルで無かったら、、、無い可能性が非常に高い、、、なんとお伝えしたらよいのか、本当に困る。



テイスティングし、社長さんに感想を聞かれ、正直に答える。

あ〜、そうですか。。。と、社長さんは落胆した様子。

社員の方々も、何となくそうじゃないかと、セミナーを聞いていて思いました。。。と。



落胆させてしまったけれど、嘘が顔に出てしまう私はごまかせないし、顔に出ないとしても嘘はつきたくない。

それに別に、オイルの批判をするわけではない。



感じた事を事実として伝えることが大切。

そのオイルを作った人も、これを輸入した人も、一生懸命なはず。ただ、そのオイルが残念になってしまっただけ。


残念になってしまったその理由を推測し、一緒に考え、次回そうならないようにするにはどうしたら良いか、それをまた一緒に考える。


こうしたことをしていたから、更に時間オーバー。

担当の方が、約束の時間を超えたことで、当初の取り決めのままで良いかと気を遣って下さる。

皆さんの真剣さが何よりも嬉しかった為、当初のままでと即答。


荷物を片付け、挨拶をしておいとましようとすると、社長さんが、「少しだけだけどお土産です」と袋を渡して下さる。

意に沿わない意見を言ったにもかかわらず、お土産まで下さるなんて。。。と思いながら、ありがとうございます。とお礼を言って、おいとま。


次の約束に遅れそう。と、スマホを見ると、逆に、急用が出来たので申し訳ない。とのメッセージが。


とは言え、静岡セミナーで使用するお茶を届けなくてはならないので、学芸のリ.カーリカへ。

お茶をスタッフに渡し、まだお客もまばらだった為、少しスタッフたちと話す。

と、シェフの田中君が、「豆のスープに合うオイル、なんかいいのありませんか?」と。


あら〜、ちょうど良いオイルを今日は持っている。(笑)

Bardiのレッチーノ単一。

2016年のはこの品種の割りには辛みがしっかりしている。青臭い香りも。

田中君も味見して、このオイルが豆のスープに合うのを納得した様子。



先ほどのセミナーで開けたばかりの500ml。ほぼ全量。

ちょっと迷ったけど、「じゃ、これあげるよ」と。

「いいんですか」と喜んだ顔を見て、良かった。。。と思い、店を後に。




向かったのは隣の都立大のガレオーネ

最近ご無沙汰していて。大好きな、ソムリエ多賀さんに会いたいし。


カウンターで一人で食事を。

一人と言っても、楽しく会話をしつつ。


たまたま連絡を取り合っていた友人を誘うと、それならば。という事になり、合流。

美味しく、楽しく食事して、帰途へ、、、、


つく前に、オイルを渡す。(笑)



今日は朝から物事が思うように運んだし、セミナーは熱心に聞いて頂けたし、夕食は思いがけず友人と美味しく楽しく過ごせたし、


そんな感じで、気分が良くなっていた私。


つい、求められてもいないのに、「美味しいオイルがあるけれど、欲しい?」と。(笑)

セミナーで開けたものだけど、これ良かったら。と、お店に渡す。


この時点でオイルは、セミナーでのテイスティング用の残念オイル1本だけ。


メチャクチャ重かった荷物は、軽々〜♪



でも、あまりにも気前良すぎだったなぁ。

オイル、どんどんあげちゃって。


いくら開封済みだって、週末の自宅セミナーでも、料理にも使えるのにね。気前良すぎだよね。

そんな事考えながら、帰途。



家に帰ったのは12時も過ぎていて、疲れもピーク。

やはり、一日こうした重い荷物を持って歩くと、本当に疲れる。




そして、翌朝。


昨夜、廊下にそのままにしてしまった荷物を片付ける。

そうだ、お土産を頂いたんだった。

と、開ける。








開けた。





開けたら、、、、





画像



え〜!!



これって、、、





トリュフ!






なんと、こんなに大きなトリュフが!






まじですか。






私、社長さん扱いのオイルについて、お気を悪くするような事を言っちゃったのに。






こんな高価なものを頂いていいんですか。




なんて気前が良いんだろう!







という事で、トリュフのスパゲッティ♪





トリュフの香りをいかすように、シンプルなパスタを考える。




カーチョエペペよね、やっぱり。




チーズ、塩、胡椒。

もちろん今回は胡椒は控え目で。




スパゲッティも美味しいブランドのにして。



丁寧にソースを作って。


画像







そしてトリュフをスリスリ♪





う〜ん、良い香り〜♡






いや〜、美味!!





オイル、気前よくあげちゃって、、、なんて思ってたけど。。。




このトリュフに比べたら、「藁」だったなぁ。(笑)






そんなわけで、付けた名前が、「わらしべ長者のスパゲッティ」でした。



長い一日にお付き合い頂きまして、ありがとうございました。(笑)








翌日は、スクランブルエッグに。卵。これもトリュフ使いの定番。


画像



が、、、、


入れた新玉葱、これは余分だったな。甘みと歯ごたえがプラスして美味しくなるかと思ったんだけど。

邪魔になっただけでした。


残念〜。


卵だけにしておけば良かったのに、なんか欲張っちゃって玉葱入れたんだな。




欲張りはいけませんね。




なんたって、わらしべ長者のトリュフなんだからね。(笑)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わらしべ長者のパスタ La Luce e Vento 〜光と風〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる