La Luce e Vento 〜光と風〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016冬旅〜Brisighella美しい村

<<   作成日時 : 2016/12/29 06:06   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

秋の旅行記の途中ですが、、、

冬の旅日記です。

画像


一年間、休みなく動き続けてきて、年末は昨年同様ゆっくりしようと日程を空けていましたが、そんな折にアリタリアの15%OFFのメルマガが届き。

調べてみると、秋同様のお値段♪

迷いましたが、チケット購入。アリタリアのたくらみにしてやられました〜(笑)


ミラノ、ペトロイオ、ボローニャと、旅を続けていますが、昨日出かけたブリジゲッラの事を。

Brisighellaブリジゲッラは、私にとってはオリーブオイルの町。

機会があったらいつか、、、と思っていましたが、何せ不便な田舎町。本当に訪れる日が来るとは。



ボローニャから電車で、うまく接続すれば1時間ちょっと。
滞在しているボローニャのB&Bのレセプションの女性たちに、「今日はこれからブリジゲッラに行こうと思う。お勧めの場所はあるかな?」と聞くと、顔を見合わせる彼女たち。

「私はブリジゲッラのことは知らない」
「夏はお祭りとかあるけど、今は何もないと思う」
「ずいぶん遠いけど」
「行く価値があるかわからない」

と、まあ、二人ともなんだか否定的。

確かにこのシーズン、しかもクリスマス直後は店も閉まっているかもしれない。
でも、遠いと言っても、電車乗り継いで1時間ちょっと。
秋のオリーブ旅で鍛えられている(笑)私には、なんてことの無い距離。しかも、重い荷物無しなんだから。

ちょうどよい時間に電車があるし、先ずはFaenzaまで行ってみようとBologna中央駅まで歩く。

Faenzaで電車を乗り換えるか、時間によってはバス。もし、Brisighellaに行くのを断念することになっても、Faenzaは陶器の町だから、お店を見てもいいし、博物館もあるらしい。

gogoolの乗換案内をうっかり信じてしまい、結局FaenzaからBrisighella行きのバスには乗り遅れ、Faenzaの町を小一時間散策。
オリーブ旅には決して許されないことだけど、今回はゆるり旅。途中下車のなんとかって番組みたいな。(笑)

Faenzaは小さな町で、知り合い同士挨拶を交わす人たちを沢山見かけました。
27日。クリスマスが終わって2日たっても、挨拶は変わらず
「Buon Natale」メリークリスマス

朝市なのか、 このシーズンのマーケットなのかわからないけれど、結構な賑わい。

冷やかしながら、お買い得の白のリネン100%のテーブルランナーを見つけ、気分良く、再びバス停へ。


バスには私一人。と、運転手。(笑)



Brisighellaは私にとってはオリーブオイルの町だけれど、世の中の人たちにとっては「I Borghi piu' belli d'Italia イタリアの最も美しい村々」に選ばれたところ。イタリアのテレビ番組が選んだようです。


画像


と言っても、イタリア人たちは自分たちの町が一番と思っているからか、実際にイタリア人からこのランキングについて聞いたことはありません。(笑)


到着がちょうど昼時。

これまただーれもいない町を歩きます。
画像


建物がとてもかわいらしい。綺麗に整っています。

花屋。
閉まってるのにこうして普通に外に鉢が一杯。しかも小さい可愛い鉢。
治安も良いのね〜

画像



これならば、小一時間もあれば町全て回れそう。
町を見下ろせるという、塔にも登ってみよう。




その前に先ずは、腹ごしらえ。(笑)

でも、どこも開いていない〜


しばらく町をぐるぐるして、一軒開いているトラットリアを見つけました。

と、隣になんとBertozziの店が!
大好きな、大大好きなリネンの店です。
http://www.stamperiabertozzi.it

Bertozziの店、こんなところにあったのかぁ〜
まったく調べることなく、Brisighellaに来た私。

そっか、そういえば工房、この地方だった!


でも、空いてない。午後は4時からと書いてあるけれど、果たして今日開いているかどうか。

開いたら、絶対行こう!

いや、何かあったらここへ。との電話番号があったから、ランチが終わったら電話してみよう!

と、決めて、隣のトラットリアへ。


ランチの客は結局私と、もう一組の地元の家族だけでした。これじゃ、みんな店を閉めるわけだ。

お味は普通。


画像


あ、このフォカッチャは香ばしくてとっても美味でした!
これだけでワインがいくらでも飲めそう♪

白ワインと赤ワインをそれぞれ一杯ずつ頂き、良い気分。サンジョヴェーゼが美味ですね、やっぱり。


一見不愛想だったお店のシニョーラ。話すと一変。隣の店の話になり、「じゃ、何時に開くか聞いてあげる」と彼女が。
有難い〜

3時に空けてくれるとのことで、それまで腹ごなしの散歩を。


画像


Roccaとは要塞の事。
ここに登ってみる。


画像


見渡してもオリーブの畑は無し。高いところに少し見かける程度。

ここに来る間のバスの車窓からも、果樹園ばかりでした。とにかく、柿が一杯。樹の仕立て方が、日本と違って面白い。
平面に仕立てて一列。

あとはイチジクの樹もいっぱい。
果物で有名なのかも。

ブリジゲッラのオリーブオイルは希少で、価格も高いのですが、それが納得。今まで行ったオリーブオイルの産地はどこもオリーブ畑が一杯でしたが、ここでは探さなくては見つからないほど。
もちろん、もっと山へ行けばあるのでしょうが。

そんなことを考えていると、Bardi Francoから電話が。
トスカーナの有名なオリーブオイル生産者バルディ氏です。実は今回の旅は彼のお宅でクリスマスを過ごしたのです。

ボローニャはどうだい?と、聞かれ、今はブリジゲッラ。と答えると、
なんだ、先に行ってくれればブリジゲッラのオリーブオイルの会長を紹介したのに!と。

イタリア各地に知り合いがいるバルディ氏です。

彼らの家を後にして2日。
ちょっぴりホームシック的な気持ちを覚えながら、電話を切り、更に歩く。

画像


遠くに見える時計塔も格好良い!

何かのアニメのモチーフだったかな。



さて、そろそろ3時。
イタリア人が時間をきっちり守るとは思えなかったけど、電話までして開けてもらうことになったのだから私は時間を守らなきゃと、まじめな日本人。(笑)

と、時間通りに女性が!

良かった〜寄り道しなくて。と思いながらお店へ一緒に入る。もちろん買う気満々で(笑)

画像


思う存分に買い物しました〜♪

しかも、お客はやっぱり(笑)私一人で、お店のシニョーラと散々お話して。1時間たっぷり居ました。

ベルトッツィの商品のことはもちろんのこと、テーブルコーディネートのことや、家族の食卓のことまで。

そんな話をしながら、我が家にはもう欠かせないここのふきんや、念願のテーブルクロス、友人たちへのお土産etc

オリーブ旅では絶対に出来ない、ゆったりな買い物を楽しみました♡

やっぱり買い物はこうでなくちゃ〜

あまりにも好きなので、Bertozziの事は、帰ってから買った物のお披露目かねて(大げさ。笑)、別記事にします。



そして、日も暮れてしまったこの日。
ブリジゲッラの駅から電車でボローニャへ帰宅、、、

画像



でも電車は単線。1時間に1本ゆえ、しばし、お茶。

カフェでお茶しながら買い物反省会。

これが、私にとって、正しい買い物の仕方。

いえ、カッフェでなく、フランチャコルタならば更に良いけど(笑)

画像


B&Bの女性たちのネガティブ発言に一瞬止めようかと思ったBrisighella行き。

行って本当に良かった♪


次回は5月のカルチョーフィ祭りの時に来てみたいなあ〜

そして、もちろんオリーブオイルの時期に。

まだまだ知らない事が多い、ブリジゲッラのオリーブオイルを掘り下げてみたい。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016冬旅〜Brisighella美しい村 La Luce e Vento 〜光と風〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる