La Luce e Vento 〜光と風〜

アクセスカウンタ

zoom RSS オリーブオイル:Venus et Salusヴェヌス エ サルス

<<   作成日時 : 2011/03/05 01:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

先日、トラーパニのオリーブオイル生産者アルベルト・ガルッフォ氏と、同じくトラーパニ在住のreiさんが共同でプロデュースしているVenus et Salusヴェヌス エ サルスという名のオリーブオイルのプロモーションセミナーに行ってきました。

画像


が、この記事、読み返してみたら、ずいぶん長いです。
オイルの感想を知りたいだけの方や、私のようにせっかちな方(笑)は、最後の緑字の部分だけ読んで頂ければいいかと。(笑)


前半はアルベルト・ガルッフォ氏によるオリーブオイルについてのセミナー。
内容としてはすでに知っていることでしたが、やはり講師が説明するのと、生産者が情熱を込めて語るのは別物です。それに、彼は生産者であると当時に、オイルテイスター、要は試験官の資格もあり、知識も豊富ですし、広い視野を持ってオイルを見ています。

とは言え、やはり自分のオイルは可愛いよね。
語る、語る。イタリア人だし。(笑)
reiさん、時間配分が大変そうでした。

でも、reiさんの通訳はとってもスムーズ。
どの通訳もそうですが、外国語を話せるだけではダメなんですよね。こうした場所と状況で上手に通訳するの違う才能が必要。理解力と日本語力。会話力。
reiさん、さすが。


セミナーではテイスティングも。
これがあるから面白いのよね〜、セミナーは。

再来週、今度は私が講師でセミナーをします。
もちろん、テイスティング体験、して頂きます♪

この時は3種類のテイスティング。

私の反応が目立ったのか、ガルッフォ氏に「あなたはどう思うの?」と何度か指名され。
が、しまいには「あなたのは聞かないことにする。」なんて言われてしまい。(笑)

だってさ、オリーブオイルソムリエとしてはまだまだだけれど、あの合宿であれだけ沢山のオイルを真剣にテイスティングしてきたのよ。
それ以降も、オイルテイスティングはなるべくするようにしているし。
この時のオイルは3つとも、単一品種のシンプルなオイルだもの。分かりやすい。


面白かったのは、そのオイルをそれぞれ好きな配合でブレンドしたこと。
これは初体験。

で、ガルッフォ氏がどんな配合にしたか当てるというのです。
「聞かないことにする」なんて言われたので、ちょっと意地悪してみました。
残ったオイルの量で、配分が分かってしまうと思い、グラスの位置をシャッフル。
いや〜、意地悪seco全開。(笑)

案の定、彼が私の所にやってきて・・・
開口一番「グラスの位置を変えたね」と。

ばれた〜。(笑)

でも、どれをどう配合したかは分からないはず。
真剣にテイスティングしていたガルッフォ氏。

でも。
大正解でした!

さすがです。

正確な舌と嗅覚、判断力をお持ちなのですよね。
つい調子に乗って、試すようなことをしてごめんなさい。


セミナー後は、reiさんによる、オリーブオイルを生かした料理のデモンストレーション。
見たかったのですが、ちゃんと見られず。残念。

そして、次はお待ちかね〜。
ほんと、待ってました。だってこの時すでに9時過ぎてたし。
美味しい料理を3種のワインと共に頂きました。



食事の前後にも、ガルッフォ氏とも思った以上に話す時間が取れました。
私のつたないイタリア語もちゃんと聞いて下さったし、オイルの話も出来たし。

reiさんと一緒にテーブルを回るガルッフォ氏に「あなたにとって、オイル生産で一番大切なことは何ですか」と質問しました。
「難しい。全て大切だから。」と考えるガルッフォ氏。

ここでも、つい悪い癖が。突っ込んでしまった。(汗)
「訳さないで」と言ったのに、reiさん、訳すし。

笑いでしり切れてしまいましたが、彼にとって一番大切なことは「情熱」。
そう、私は受け取りました。

でも、ちょっと聞こえた。
reiさんとガルッフォ氏の会話。

彼女は日本人じゃなくてイタリア人みたいだ・・・とかなんとか。
褒め言葉・・・かなぁ。
じゃないよね〜。相当失礼なことしたし。
このツッコミ癖、直さなきゃほんとに。。。



とても楽しいセミナーでした。
こうして、人と一緒にオイルテイスティングするのも久し振りでしたし。


それに!
モンティカティーニで同室の姉さんも、一緒だったの!
いえ、一緒に行ったわけではなく、偶然。
「もしかしたら」とは思ってましたが、前日reiさんから姉さんが来るって聞いた時から楽しみで。

会場ではもちろん、隣の席♪
それもあって、とってもとっても楽しい時間でした☆




と、ここで終わってしまうのはreiさんに怒られそうだし・・・

いや、そうでなく・・・(笑)
一応私もオリーブオイルソムリエなんだから、それらしいコメントしなくちゃ・・・



今回のオイルについて。
Venus et Salusヴェヌス エ サルス

とても良いオイルです。
チェラスオーラという、シチリアの品種、一種類のみを使ったエキストラ・パージン・オリーブオイルです。
ノンフィルターにこだわった製法で、とろりとしています。

香りは、ススキを刈った時の青い香り、青いリンゴ、白い花、アーモンドの実など。

通常、単一品種のオイルは味にメリハリが少なく、単調になりがちです。

しかし、このオイルは、単一品種とは思えない複雑な味わいがあります。
最初に感じられるアーモンドのような甘みが口の中に広がり、その中から、ピリリとした辛さと、苦みが立ってきます。
でも、この辛さと苦みは、口の中にいつまでも残るわけではなく、最初の甘みに集約されていきます。
その甘みも、もたつくことなく、最後はすっきりとした印象が残ります。

料理は、軽過ぎず重すぎないものが合うと思います。

色の濃い生野菜のサラダ、同じく色の濃い茹で野菜。
この日の料理にも出ていましたが、柑橘系を使ったサラダとも好相性。
他には、野菜のグリル、白身魚のグリル。
もちろん、シンプルにパンに付ける。

色々な料理に使えると思います。




と、こんな感じが、オリーブオイルソムリエとしての、このブログでの初コメントです。
遅過ぎだよね〜。(笑)

このブログでは記事にしていませんが、一応、細々と活動はしております。
今月はセミナーも致します。

鍛えないとね、成長しないから。

頑張るぞ〜。



でね、この記事、後日談ならぬ、前日談があるの。
それは、また次回に☆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
「あなたのは聞かないことにする。」
・・・???
って思いましたが、さすが!vinoさんの味覚

オリーブオイルソムリエ
気になっていましたが、
やはり活動をされていましたか。
どのようなセミナーをされるのでしょうか?
ブログを楽しみにしています。
smile
2011/03/05 20:31
オイルテイスティングに神経を集中してやるようになってから、味覚が敏感になってきたと思います。オイル以外の食材にも。
やはり、訓練なんですね。

今度のセミナーはオイルというより、その後の料理教室、いえ、試食が目当ての方が多そうです。(笑)
それも大事ですけどね。
とにかく、楽しんで頂くことが第一です。
smileさんへ。
2011/03/06 00:27
緑色の字部分のみを読ませて頂きました(^^。
オリーブオイルは、色々と個性があるんですねぇ。
僕はいつもAJINOMOTOのエキストラバージンオイルのみですので、サラダに使った場合など、今一つ風味に欠けると感じてました。
とは言え、ここに出てきたようなオイルを買う勇気は有りませんが!
MONTA
2011/03/06 13:00
情熱を以って向かわなければ
探究心も生まれないってことかな・・・

我が家にもオリーブオイルは常備していますが
そこまでこだわった事がないな・・・

Sis自身が去年の現地での修行から習得した
知識をさらに深める為に
日々鍛錬している姿勢も大きな情熱が
あってこそよね〜。

これからもエキスパートとして
ますますのご精進を★

日本に帰った時に、また堪能させて下さいませ★
( ̄▼ ̄*)ニヤッ
Yasmin
2011/03/07 05:41
意地悪secoなのか、いたずらっこvinoなのか?
シャッフルするとは、さすが度胸がありますね(笑)

ガルッフォ氏への突っ込み、どんなイジワル・・・いやいや お茶目な突っ込みだったのかしら?

CHAR
2011/03/08 12:37
一口にオリーブオイルと言っても、様々な種類があるのですよ。
工程が違う、オリーブの品種が違う、産地が違う。。。
色々な理由はありますが、本当に多様です。
こんなに奥が深いとは思ってもみませんでした。
油・・と思うと高いですが、私もオリーブオイルは調味料だと思っているので。
MONTAさんへ。
2011/03/09 23:16
Sisにもオイルの話、伝えたいよ。
きっと、気にいると思うよ〜。
で、こだわると思う。(笑)

最初は軽い気持ちで勉強しに行ったんだけど、今ではすっかり本気モード。
自分で楽しむのはもちろんのこと、これを人にも伝えたいのよね〜。

じゃ、次回の帰国宴はオイルテイスティング付きにしましょうか♪
Sisへ。
2011/03/09 23:19
そっか、意地悪というよりいたずらかもね。
いい年してね〜。ほんと。(笑)
シャッフルなんてしちゃって、気難しい人だったら怒ってますから。

ツッコミは・・・
内緒にしておきます。(笑)
CHARさんへ。
2011/03/09 23:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オリーブオイル:Venus et Salusヴェヌス エ サルス La Luce e Vento 〜光と風〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる